FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


日本スポーツマネジメント学会の第8回セミナーの案内をいただきましたので、掲載します。

■日本スポーツマネジメント学会 第8回セミナー
日時:平成22年1月23日(土)13:00~16:50(12:00受付開始)

会場:サピアタワー9階(関西大学東京センター)
     東京都千代田区丸の内1丁目7番12号
     ○JR東京駅直結
     ○東京メトロ大手町駅B7出入り口直結
     
テーマ:「メディアコンテンツとしてのスポーツの可能性」

●プログラム(予定)
13:00~13:10  開会の挨拶
         
13:10~13:50  講演1「スポーツコンテンツと放送権料の将来」
        竹岡 哲朗 氏(住友商事株式会社理事・ネットワーク事業本部長)

13:50~14:40   講演2「スカパープラットフォーム上でのスポーツコンテンツの
            戦略的取り組み」 
        木戸 英晶 氏(スカパーJSAT株式会社執行役員専務・放送事業本部長)
 
15:00~15:50  講演3「プロ野球界が目指すメディア戦略」
        久保 博 氏(株式会社読売新聞東京本社執行役員・事業局長)

15:50~16:40  講演4「最新のサッカーゲーム戦略・分析システムの紹介と、
            新しいスポーツコンテンツとしての可能性」
        庄司 悟 氏(DJ SPORTSチーフゲームアナリスト)

16:40~16:50  まとめと閉会の挨拶
                   

●参加区分および参加費:
 一般会員  3,000円
 学生会員  2,000円
 一  般  5,000円
 学  生  3,000円(学生証の提示が必要です)
 法人会員  5名様まで無料(ご担当者様が取りまとめの上、お申し込み下さい。)
※お振込みいただいた参加費は返金いたしかねますのでご了承下さい。

●定員:200名(先着順)

●申込方法:
・ウェブ上でのお申込
 弊会ウェブサイト上の参加申込フォームよりお申込ください。

・ファックスでのお申込
 「ご氏名」「ご所属」「ご連絡先」「参加区分」「参加者名簿への掲載の諾否」を
 明記の上、下記番号にてお申込ください。
  FAX 042-461-1071

スポンサーサイト