FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


FTEX野球班第5回講習会が下記の内容で開催されます。
ご興味のある方はお早めにお申し込みください。


FTEX野球班第5回講習会

 FTEX野球班(FTEX野球班)では大阪にて、講習会を開催することになりました。FTEX野球班の当面の課題は投球障害の対応について整理していくことで、その内容は野球肩、野球肘、投球動作、競技復帰と再発防止の4つの柱になります。
 今回のテーマは「投球動作のメカニズム-動作のみかたとアプローチ」とし、立場の異なる3名の専門家による講習で。投球障害での対応では投球動作へのアプローチが必要であるとの認識は広まっていますが、動作への理解は容易ではないと思います。そこで投球動作のどこに着眼しどのようにアプローチをすれば良いかについて整理をしたいと思います。日常の臨床や指導現場で役立ち、野球選手の活動環境の向上に貢献できるような内容にしたいと考えておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

テーマ/投球動作のメカニズム――動作のみかたアプローチ

開催日/2010年2月21日(日) 午後12時(受付開始)~午後5時30分

会場/柏友会 楠葉病院 二階理学療法室(大阪府枚方市楠葉花園町)

主催/FTEX Institute

プログラム/
12:00~    受付開始
12:30~13:30 中村康雄「投球動作のメカニズム-バイオメカニクス研究で分かったこと」
13:40~14:40 宮下浩二「投球動作に及ぼす関節機能低下の影響ー動作修正のためのFTEX            アプローチの具体例」
14:50~15:50 能勢康史「投球パフォーマンス向上のアプローチー動作と身体機能の関係」
16:00~17:00 フリーディスカッション「投球動作」
18:00~20:00 懇親会

講師/
・中村康雄(同志社大学スポーツ健康科学部准教授):バイオメカニクス研究に携わり、子どもからプロ野球選手まで多くの投球動作解析を行う

・宮下浩二(中部大学生命健康科学研究所):理学療法士、プロ野球や社会人チームでの活動経験もあり、現在、高校野球のサポートも行う

・能勢康史(プロサーブ代表):野球コンディショニングコーチとして活動し、社会人・大学・高校の野球チームや医療機関で野球選手に対応。


対象/理学療法士・柔整師・トレーナーなど

参加費/FTEX会員5,000円、会員外8,000円

申し込み方法/下記の連絡先まで、E-mailかfaxにて「FTEX野球班講習会受講希望」と書き、名前、所属・立場(PTなど)、住所、連絡先電話番号、懇親会への参加の有無を記入のうえ、お申し込みください。確認後会費振込先などをお送り致します。当日参加も受付けますが、会費が2,000円割り増しになりますので予めご了承下さい。

事前受付締切/2010年2月15日、18時まで

事務局/柏友会 楠葉病院 担当:山口剛司
E-Mail kansai@ftex.org
FAX   072-809-2121
スポンサーサイト



標記のセミナー(11月5日に本ブログにアップ)について、参加された方からメールをいただきましたので、ご本人の許可を得て掲載します。高橋先生に一度この「脳脊髄液減少症」について取材させていただきたいものです。(清家輝文)


先日ご紹介しました、脳脊髄液減少症の、高橋浩一先生のセミナーに先週の土曜日行って来ました。
先日はブログにてご紹介頂きまして有り難うございます。

今回は市川市の保育士さんや、遠方から患者さん自身も、あの大雨の中、1時間に1本しかバスが無いようなところにたくさんの方が集まってこられて、とても熱意を感じました。

今回は子供の症例が中心の報告でしたので、特に涙が止まらなくなってしまいました。
理解してもらえない。それが早くに治療に入れば、完治する率が物凄く高いのです。
その原因がなんと交通事故やスポーツだけでは無いのです。プラスバンドが原因の報告もありました。
実に悲しいかな病院や学校では中々理解されず、精神的なものと判断されることが多いそうです。

私が思ったのは学校・医療関係者は勿論ですが、スポーツ指導に関わる方々や特に協会や団体の方々などにこそ、このような病気があることを是非知っていてほしいなと思いました。

実はご存知でしょうかアメリカンフットボール市民クラブチーム「吹田マーヴィンズ」を立ち上げた元野 勝弘氏も実は脳脊髄液減少症だったそうです。

最後に高橋浩一先生のブログをご紹介致します。