FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


1st FIBA ASIA U-16WOMEN CHAMPIONSIHP

DVC00283.jpg 1st FIBA ASIA U-16WOMEN CHAMPIONSIHPは無事終了。日本は2位に入り来年の世界選手権出場権を獲得しました。試合結果や生活の様子はJBAホームページに詳しく掲載されているのでそちらをご覧ください。

U16女子日本代表は本当によく頑張ったと思う。最後、決勝の相手は中国。中国には身長190cm以上の選手が12人中4人。平均身長はかなり日本より大きい。ヘッドコーチは正直なところ大敗も覚悟していたらしいけど、蓋を開けてみれば第3ピリオドまでは1点を争う好ゲーム。最後は日本チームが力尽きた形で終了。

 第4ピリオド。残り時間が少なくなるなか、10点以上点差がつき日本の敗戦が色濃くなった。タイムアウトでベンチに戻ってきた一人の選手の目に涙。

「まだ終わってない。諦めるな!お前は戦う戦士なんだ!」そう言ってヘッドコーチは彼女を再びコートへ送り出した。次のタイムアウトで彼女は交代。ベンチに戻ってきた。が、落ち込んだ様子でベンチの端っこに座りうなだれている。ほぼ敗戦が決まったなかで頑張る仲間に声援を送ることもない。こらこら、自分の代わりに一生懸命最後まで戦っている仲間がいるんだぞ。しっかり応援しなきゃ。彼女もそして仲間たちも、こうやっていろんな経験をして心も体も成長するんだな。

 大会期間中、私たちと同じフロアにはチャイニーズ台北が泊まっていた。最初の頃はお互い静かにしていたけれど、大会が進むにつれ選手間でちょっとづつ会話が始まり、写真を取り合ったりアドレスを交換するほどの仲良しに。

 その他の国ともどんどん会話する。会話と言っても互いに英語が不得意な時もある。でもそんなことはおかまいなし。なんだか通じ合うらしいし、ただ横に座っているだけ。なんて時もある。U16世代のロビー外交は実にほのぼのとしていた。

DVC00309.jpg 写真は開会式の様子とホテルの部屋から見える朝日。インドの朝はいつもガスがかかっていて、建物がガスに埋もれている感じ。


津田清美・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
スポンサーサイト