FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

下記、案内をいただきましたので、掲載します。

■第7回阪急アメフト・トレーナー研修会のご案内
日時:平成22年1月24日(日)
    13:00~17:00
場所:若竹公民館 第2、3集合室(2F)
    西宮市西福町15番12号
    JR西宮駅北側出口から北東へ徒歩5分
    阪急西宮北口駅南側出口から南西へ徒歩15分
対象:これからトレーナーを目指している人
内容:スポーツ現場に必要な実践テクニック
定員:50名 ■要予約
連絡先:sasa.onishi@amethyst.broba.cc
     大西接骨院まで
参加費:3,000円

●1部 阪急トレーナー発表会(13:00~14:50)
①2009年度阪急アメフト傷害報告 高橋健太氏
  小林トレーナー企画
②スポーツ障害に対するテーピング処置 大西一昭 
  阪急アメフト部ヘッドトレーナー

●2部 特別講演(15:00~16:45) 
テーマ 「スポーツ現場に役立つスポーツテーピング
     こんな時、どうする?」
講師 元松下電工アメフト部ヘッドトレーナー
    大阪教育大学、各専門学校の非常勤講師
    Sports Medicine Team-Takao(株)代表役
    今柳田 剛生先生

スポンサーサイト