FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


117号の特集は「筋収縮の謎」としました。

東京慈恵会医科大学の竹森重先生に、ハクスレーの滑り説、名取のスキンファイバー、57年モデルなどの話を詳しく聞き、その後竹森先生の現在の研究テーマを紹介していただきます。

アクチン、ミオシンの構造までわかり、第3のフィラメント、コネクチン(タイチン)も発見され、筋収縮の仕組みはすべてわかるだろうと思われたのが、実際には…。

日本が世界に誇る筋生理学の歩みともに、生理学の醍醐味も含め、筋収縮の謎に迫ります。ご期待ください。(清家輝文)
スポンサーサイト



下記の日程で、高齢者スポーツ指導法講習が開催されますので、ご紹介します。


高齢者スポーツ指導法講習

日程/2010年2月3日(水)、10日(水)

時間/19:00~20:30

会場/東京体育館 第一会議室(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1)

内容/「健康づくり運動」
*健康運動指導士および健康運動実践指導者の登録更新(実習3単位)認定

講師/小室史恵(財団法人栃木県健康倶楽部 企業・市町村サポートリーダー)

参加費/2,000円

定員/50名(要予約)

申し込み/スマイルスポーツ事業センター
フリーダイヤル:0120-612-001
ケータイ・PHS:03-5474-2150
インターネット予約は、ココをクリック

問い合わせ/財団法人東京都スポーツ文化事業団
TEL:03-5474-2165
FAX:03-5474-0145
saitou-kazuomi@tef.or.jp