FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


年内発行の117号特集「筋収縮の謎-名取のスキンドファイバー、滑り説、57年モデル、そして現在-」は明日入稿です。

これまでの特集でもエコー像を動画で示したいと思いましたし、今回の名取のスキンドファイバーに電気刺激を与えたときに、ビクビクと動く画像などやはり動画の驚きは誌面では出せないなと痛感しています。

今後、この公式ブログなどで、動画をお見せすることができないか考えてみます。著作権の関係があり、ネット上に流すと、どこでどう使われるかわからないという問題がありますので、なかなかむずかしいのですが、何か方法はありそうです。

そんなことも考えつつ、明日の入稿にむけて頑張っています。(清家輝文)
スポンサーサイト