FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

117号、今年最後の号が本日発売になりました。

詳細については、このサイトあるいは上の欄からご覧いただけます。

特集「筋収縮の謎-名取のスキンドファイバー、滑り説、57年モデル、そして現在-」については、竹森重先生のインタビューとともにまとめました。貴重な写真がたくさん掲載されています。

表紙の顕微鏡を覗いているのが名取先生です。

ぜひ、お求めいただき、筋生理学の醍醐味を満喫してください。
よろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト



誌面コラボブログ1:触覚ボールによるセルフコンディショニング『ヒザ編』

本誌で連載続編が始まった小谷さおりさんの「誌面コラボブログ」。誌面で紹介したものをさらに詳しく、写真などとともに解説します。本誌とともにご愛読ください。(清家輝文)
 

本誌12月25日発売の117号での連載、『続 膝OAのための「ヒザイタ改善エクササイズ」』に掲載中の『新セッティングエクササイズ』!
誌面ではイラストですが、セルフケアに大人気の触覚ボールを使い、写真で解説していきましょう。

1)痛み、膝音がない角度からスタート。
セッティングst2
足指を広げ触覚を包むようにつかむ →股関節・膝・つま先が蛇行しないよう転がしていく。
 
2)膝が伸びたら踵を押出す →次につま先を押出し戻してくる。
セッティングfin
股関節からでなく丹田から始まるイメージをして行うことがポイント。
足指、足底、踵、足首、膝、股関節と考察するポイントは多々ある種目です。

『自分のからだは自分でメンテナンス』
日本ヒザイタ改善普及会 会長
小谷さおり


カット

久米先生顔イラスト ブログ 今年もあと僅かになりました。今年、このコラムを読んでいただいた全ての皆さんに、この場をお借りしてお礼申し上げます。

 さて、12月初旬に「今年の漢字」一字が発表になりましたね。毎年恒例行事になった感がありますが、今年、清水寺の森清範貫主が特大の和紙に揮毫した文字は「新」でした。

 たしかに、我が国では新政権の誕生によって新しいトップが誕生しました。これは米国でも同じでしたね。これによって、新しい政治のあり方が議論を呼び起こしています。巷では、新インフルエンザが流行しました。これは、まだ過去形になっていません。

 スポーツ界ではイチロー選手がまた記録を塗り替えました。偉大な新記録の誕生です。そう言えば、この「今年の漢字」イベントの主催者である漢字能力検定協会の体制は、理事長以下“一新”されたと聞いているのですが、その後どうなっているのでしょうか。

 今年の「漢字一字」を選ぶとなると、いろいろと議論の余地があるように思えます。因みに、「新」の次は「薬」そして「政」の順だったそうです。

 では、漢字に限定されなければ、今年の一言はどんな言葉が良いと思いますか。私は「カット」を推します。賃金カット、ボーナスカット、人員カット、政府は仕分け作業で事業予算を大幅カット。どこを向いてもカット、カットの嵐です。「プラス」なんてところは、どこもありません。こんな世相では、結局プラス思考は難しいのでしょうか。

 なんだか、暗くなってきましてね。選んだ言葉を間違えたのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。“カット”の意味には、マイナス思考を想起するような意味ばかりが含まれているわけではないんです。

 例えば、スポーツで“カット”と言ったら、先ず相手チームのボールを奪いとる「パスカット」が思い浮かびます。ディフェンスから一瞬にしてオフェンスに代わる、いわばボールゲームに醍醐味を与える言葉です。優秀な選手であれば、誰でも積極的にこれを狙ってくるはずです。

 さらに、「カットを切る」と言ったら、相手を振り切る時に使う言葉ですよね。これも、猛然と相手陣地に切り込むような積極的な言葉です。この他にも、ボールをカットして打つと言えば自在にボールをコントロールして相手を翻弄し、自らのその後の展開を有利に進めるための大切なテクニックではありませんか。これもポジティブな言葉です。

 このように、スポーツで“カット”といったら、ひとつもネガティブな意味をもつものはありません。こんなにポジティブな言葉なのです。決して“切り取る”とか“止める”ではなく、むしろその後自らが有利に生きるために必要なテクニックのことなのです。

スポーツにカツ38 001 さぁ皆さんどうですか。少しは前向き思考になれましたか。何が来ようとどうなろうと、来年はカット、カットで切り返して、自分の有利な態勢に持って行きましょう。

 たしかに、真っすぐ走るよりは疲れます。周囲への視野も広くないとかえってロスする場合もあるでしょう。

 でも、何の工夫もなく、捕まるのが分かっているのに真っすぐ走るのは危険です。積極的にカットを切って、新しい走路を切り開きましょう。

 さて、僕にもそろそろ“カット!”の声がかかる時間です。読者のみなさん、また来年お目にかかります。

 皆さんがびっくりするようなカットな文章(?)をお届けしますよ。では、良いお年をお迎えください。
 


久米秀作・帝京平成大学 (日本体育協会公認アスレティックトレーナー)