FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

第3回北九州スポーツ整形外科研究会のご案内が届きましたので、ご紹介します。


第3回 北九州スポーツ整形外科研究会

今回は『アスリートを中心とした股関節痛に対する股関節鏡視下手術とその術後のリハビリ~アスレチックリハビリ』になっています。一宮温泉病院の整形外科部長 山本泰宏先生をお招きしてご講演をお願いいたしております。股関節鏡の歴史と発展などが聞けます。皆様お誘い合わせのうえご参加下さい。PT、トレーナー、学生なども参加自由です。

日 時/2009年1月28日(木) 19:00~20:50

製品紹介/19:00~

骨粗鬆症治療薬 『 ボノテオ錠1mg 』 アステラス製薬株式会社
   
場 所/リーガロイヤルホテル小倉 『ロイヤルホール』
(北九州市小倉北区浅野2-14-2  TEL093-531-3390)

共催/北九州スポーツ整形外科研究会、アステラス製薬株式会社

内容/
【シンポジウム】股関節鏡視下手術 19:10~19:50

<座長> 産業医科大学 整形外科 講師 大西 英生 先生
1.『アスリートの股関節痛の原因と診断』産業医科大学 整形外科 森 俊陽 先生

2.『FAIに対する股関節鏡視下手術テクニック』産業医科大学 整形外科 内田 宗志 先生、宇都宮 啓 先生

3.『股関節鏡視下手術術後リハビリテーション Phase 1から2』福岡和仁会病院 佐藤孝二先生

4.『股関節鏡視下手術、術後アスレチックリハビリテーション』スポーツコンディショニングプロモーションJIN 松田孝幸先生

【特別講演】19:50~20:50
<座長> 産業医科大学 整形外科 助教 内田宗志先生

『股関節鏡視下手術の最近の進歩』一宮温泉病院 整形外科部長 山本泰宏先生

※専門医資格継続単位(N-02またはN-11) 1単位、医資格継続単位(S-F-29-0) 1単位

参加費/1000円徴収させていただきます。
当日は軽食を用意致しております。
駐車場はお帰りの際に駐車券をクロークにて用意致しております.

          
詳しくは ブログまで
スポンサーサイト



平成22年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

編集部は本日からです。

ちなみに、09年12月のアクセス総数は、9384。ユニークアクセスが5161でした。うち初回訪問の方が2192人(42.47%)。100回以上アクセスしておられる方が1004人。海外からは9カ国。日本の大学は20になりました。

今年は、まずアクセス総数で1万の大台に乗るのが楽しみです。ゆくゆくはユニークアクセスで1万になればと願っています。

この暮れからお正月にかけて、家でじっくり考えていました。今の月刊スポーツメディスンに何が欠けているかを。それを今年は反映させていくつもりです。

今年も、弊誌とこの公式ブログのご愛読、くれぐれもよろしくお願いします。(清家輝文、田口久美子)