FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

野球共育塾勉強会より、さいたまでの開催のお知らせが届きましたので、ご案内します。


野球共育塾勉強会inさいたま

 野球共育塾は野球に関わる方々の「学びの場」で、職種や立場を越えた集うのが特徴です。この会は野球選手に対応できる「プロの育成」と「現場と医療のネットワークづくり」を使命に、ここで得た知識や人脈を活動に活かして、地域で活動して頂くことが目的です。

 今回は幅広い視野と感性を持った真のプロを目指すための「根」をテーマに勉強会を開催します。共育塾の学習内容の軸は人間学、コーチング、コンディショニングですが、今回は3つの軸の基本は何かについて考えていきたいと思います。どうしても方法論を中心になり、共育塾の理念について考える機会が少なかったので、この機会に3つの軸の基本を整理し活動の方向性を見出せればと考えます。また、3つの軸を討論するなかで現場と医療のネットワークについても具体的な活動につながるように進めていきます。

 野球選手の活動環境向上には現場と医療の方々の継続した出会いが必要ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

日時/2010年2月13日(土) 受付開始15:00 勉強会15:30~19:30 懇親会20:00

テーマ/プロになるための根を考える

内容/
・下記の①②は能勢、③は渡辺先生が30分位プレゼンし、その後参加者で討論。必要に応じて実技を行うなど参加者が交流できるよう進めていきます。
①古典、老舗企業、スポーツに共通する根
②投球動作に必要な身体機能の重点ー運動パターンの着眼点とトレーニング
③投球障害対応のコンセプトー競技復帰と予防に必要なこと

講師/
渡辺幹彦(日本鋼管病院、スポーツ整形外科)
日本野球連盟競技力向上委員会医科学部会部会長、NPB医科学委員会委員
2000年シドニー・2004年アテネオリンピック全日本野球チームドクター

能勢康史(野球コンディショニングコーチ、(有)プロサーブ代表)
コンディショニングコーチとして、王子製紙や国士舘大学などのチームに関わる。現在もチームには関わるが、医療機関などでも野球選手へのコンディショニング指導を行う。

会場/さいたま文学館文学ホール (埼玉県桶川市若宮1-5-9 JR高崎線桶川駅西口徒歩5分)

対象/野球の指導者・トレーナー、医療従事者、その他興味のある方(他競技も可)

会費/会費は以下の2通りです。いずれも当日会場にてお支払い下さい。学生も同額です。
   会員:2,000円(次年度の年会費)、初参加者:3,000円(年会費2000円を含む)

申し込み/下記の事務局まで、メールにて「野球共育塾参加希望」とし、名前、所属(チーム・学校名など)、連絡先電話番号、メールアドレスを記入の上ご予約下さい。当日参加も可能ですが、事前に連絡頂けると幸いです。

申し込み締切/2月11日(祝)午後8時までにお申し込み下さい。

事務局/kokushi25ryo@hotmail.com(担当/鈴木良)
スポンサーサイト



 先週末も福島。先週中頃のぽかぽか陽気で雪も溶け、すっきり青空。暖かそうに見えるけど風が冷たい。手袋をしていないと手が痛い。皮膚が痛い。切れても気づかないんじゃないかと思うほど。でも、やっぱり現地の人たちはこの寒さが気にならないらしい。横浜でも福島でも私1人が厚着。おかしくない??

DVC00406.jpg さて、日曜日は朝から練習。坂水選手の車で大学に向かっていると雪が降ってきた。

 私が「降ってきた」と言うと、いつも坂水選手は「降ってるうちに入りません」と言う。坂水選手曰く、山の雪が風で飛ばされてだけらしい。確かに大学がある辺りは青空だからそんなもんかなと思う。雪が落ちてくるのを「雪が降る」「雪がちらつく」「雪が舞う」などと言う。使い分けを選手に聞いてみると「ちらつく」よりちょっと多いと「舞う」になるみたい。「降る」に私はまだ遭遇していないらしい。「降る」意外は「山から飛んでくる」という坂水の見解に概ね異論なし。まだまだ福島が珍しい。

 9時半からみんなで練習。土日の練習はOLと学生さんが一緒に練習できる。トラッククラブの中学生も一緒に練習する。今の時期は来年度入学予定の新人さんも練習に来ている。それぞれブロックに分かれて練習を進めるが、今は最初の30分で全員サーキットトレーニングをしている。

 トラックの途中にいろいろと準備されていて、腹筋、スナッチ、登り棒、5段跳び、懸垂、メディスンボール投げ、階段ダッシュ、逆立ち歩き、ハードルジャンプなどをする。見ていると登り棒と懸垂はできない選手も多い(特に女子)。逆立ち歩きは平均3歩くらい。男女共、5歩以上歩ける選手はいたかいなかったか・・・。

 川本先生が「僕達の頃はもうちょっとできたと思うんだけどなぁ」とつぶやく。冬季練が終わるまでもうちょっと頑張りましょう。

 トレーニングルームの前でトレーニングをしていたら雪がちらついてきた。「ちらつく」程度ではこれくらいしか雪がくっつかないけど、雪が「降った」ら頭が真っ白になるらしい。

津田清美・日本体育協会公認アスレティックトレーナー