FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

特集の取材はほぼ終わりました。今回の特集は「アスリートの股関節」。ただし、取材していくと、アスリートをみる場合も中高齢者をみる場合も基本は同じだそうです。

今回の特集は、近年問題になることが多いアスリートの股関節について下記の先生がたにそのご専門の立場から語っていただくことにしました。

整形外科医 内田宗志先生(産業医科大学)アスリートの股関節の問題ととくに股関節鏡での手術について
理学療法士 佐藤孝二先生(和仁会病院)メディカルリハビリテーションについて
理学療法士 建内宏重先生(京都大学)股関節の評価と運動について
パーソナルトレーナー 土橋恵秀先生 プロ野球投手の股関節の機能低下について

あとお一人予定しています。充実した内容になると思います。ご期待ください。

★おかげさまで『スポーツに役立てる超音波画像診断』(皆川洋至編)が好評です。(清家輝文)
スポンサーサイト