FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


特集の取材はほぼ終わりました。今回の特集は「アスリートの股関節」。ただし、取材していくと、アスリートをみる場合も中高齢者をみる場合も基本は同じだそうです。

今回の特集は、近年問題になることが多いアスリートの股関節について下記の先生がたにそのご専門の立場から語っていただくことにしました。

整形外科医 内田宗志先生(産業医科大学)アスリートの股関節の問題ととくに股関節鏡での手術について
理学療法士 佐藤孝二先生(和仁会病院)メディカルリハビリテーションについて
理学療法士 建内宏重先生(京都大学)股関節の評価と運動について
パーソナルトレーナー 土橋恵秀先生 プロ野球投手の股関節の機能低下について

あとお一人予定しています。充実した内容になると思います。ご期待ください。

★おかげさまで『スポーツに役立てる超音波画像診断』(皆川洋至編)が好評です。(清家輝文)
スポンサーサイト