FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

野球共育塾勉強会が東海で開催が決定しました。下記にご紹介します。


野球共育塾勉強会in東海(案内)

 野球共育塾は野球に関わる方々の「学びの場」で、職種や立場を越えた集うのが特徴です。この会は野球選手に対応できる「プロの育成」と「現場と医療のネットワークづくり」を使命に、ここで得た知識や人脈を活動に活かして、地域で活動して頂くことが目的です。 共育塾の学習内容の軸は人間学、コーチング、コンディショニングですが、今回は3つの軸の基本は何かについて考えていきたいと思います。また、現場と医療のネットワークについても、東海地区ではどういう流れが良いかについて具体的に進めていきます。野球選手の活動環境向上には現場と医療の方々の継続した出会いが必要ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

日時/2010年2月20日(土) 勉強会16:30~18:30 

内容/①②について能勢が30分位プレゼンし、その後参加者で討論。参加者との交流に主眼にし、今後の方向性について考えていきます。参加者から要望があれば王子製紙のスタッフ・選手に話をしてもらえるようお願いします。また、他地区からのゲストも参加します。野球に関わる医療関係者も都合がつけば参加予定です。
①野球の基本とチームづくり:古典、老舗企業、スポーツに共通する根から考える
③投球障害対応のコンセプトー現場と医療の関係づくり

講師/能勢康史(野球コンディショニングコーチ、(有)プロサーブ代表)
コンディショニングコーチとして、王子製紙や国士舘大学などのチームに関わる。現在もチームには関わるが、医療機関などでも野球選手へのコンディショニング指導を行う。

会場/王子製紙野球部寮(優春寮)春光寮ではありません JR春日井駅徒歩10分
   「上条町6」の信号から約20m Yahoo地図で「王子町優春寮」で検索
   寮前の駐車場は寮生用に指定されているので、駐車後を受付で確認下さい。

対象/野球の指導者・トレーナー、医療従事者、その他興味のある方(他競技も可)

会費/会費は以下の2通りです。いずれも当日会場にてお支払い下さい、学生も同額です。
   会員:2,000円(次年度の年会費)、初参加者:3,000円(年会費2000円を含む)

・今回の勉強会は4月以降も会員登録をしてもらうためのものです。今年からメーリングリストを積極活用し情報を配信するため、志のある方の会員参加をお待ちしております。

お申し込み/下記の事務局まで、メールにて「野球共育塾参加希望」とし、名前、所属(チーム・学校名など)、連絡先電話番号、メールアドレスを記入の上ご予約下さい。

申し込み締切/2月18日(木)午後6時までにお申し込み下さい。会場の都合上先着30名とさせて頂きます。

事務局/tokaibbcs@yahoo.co.jp(担当:西塚亨)
スポンサーサイト



新たなカツ動拠点

久米先生顔イラスト ブログ  皆さん、突然ですが問題です。では、第1問目。バンクバーで開催される冬季オリンピックまで、あと何日かご存知ですか? そうです。大会は2月12日からはじまりますので、あと10日を切っているのです。

 では、第2問目。今大会であなたが期待している選手とその種目をお答えください。

 「そうだなぁ、やっぱりフィギアスケートの浅田真央選手、あるいはスピードスケートの高木美帆選手かなぁ。イチ押しはカーリングの・・・」なんて、いくらでも出てきそうですね。

 では、第3問目。冬季パラリンピックは、いつから開催されるかご存知ですか?

 第4問。活躍を期待する選手の名は?

 なんだか、とたんに答えが怪しくなってしまいましたね。

 では、粘ってもう1問。今回のパラリンピックで行われる種目をお答えください。

 「???」。これも駄目ですか。正解は、①アルペンスキー、②バイアスロン、③クロスカントリー、④車いすカーリング、⑤スレッジ・ホッケーです。これらの5種目に600人もの選手が参加し、60以上のメダルをかけて戦うそうです。

 なんだか偉そうに皆さんに質問してしましたが、そう言う私も答えが怪しい一人です。やはり、新聞その他で連日報道されている種目や選手にはかないません。パラリンピックの話題は、ほとんど報道されていないのが現状ではないでしょうか。

 しかし、現実に日本選手団は結成されていますし、なかには5大会連続で出場を決めた選手もいるようです。話題性はオリンピックに劣らないと思います。したがって、当然のことながら今頃は選手達もコンディショニングには神経を使っているだろうし、競技当日怪我をしたり、現地で体調不良に陥ることもあり得るわけですから、コンディショニングのケア担当者がパラリンピック日本代表チームにもできるだけ多く必要なはずです。

スポーツカツ43 001 そこで、(財)日本障害者スポーツ協会では、選手のケアを担当する専門家養成に本腰を入れ始めました。

 先週の1月29日(金)~31日(日)にかけて、横浜市港北区にある「障害者スポーツセンター 横浜ラポール」で「平成21年度(財)日本障害者スポーツ協会公認障害者スポーツトレーナー養成講習会」開催されたのです。

 実は、こういった講習会開催は今回でまだ2回目です。そして、講習会自体は第一次と第二次に分かれていて、一次の検定試験を通過した者が、今回の二次講習会に参加できる仕組みになっています。

 今回の参加者は21名でした。当日は久々の再会の喜びもつかの間、早速「コンディショニング実技」から講習会は始まりました。前回の一次では、主に理論が主体の講義内容でしたが、この二次では実技主体となっていました。参加者の多くは、理学療法士としてお仕事をお持ちの方々でしたが、その他に私のようなAT資格を持っている方が4名、柔道整復師を合わせてお持ちの方や、中には看護師の方もいらっしゃいました。

 ほとんどの皆さんは、既になんらかの障害者スポーツ協会に所属していて活躍中の方々でしたから、講習休憩中には名刺交換と共にそれぞれの情報交換をする努力をされていました。こういった名刺交換が、今後の障害者スポーツのネットワークを育てるのでしょうね。皆さん、新たな活動の拠点として、障害者スポーツの現場に期待を寄せている方ばかりとお見受けしました。

 最後にはいよいよお持ちかね(?)の検定試験となったわけですが、すでに現場での豊富な経験をお持ちの方々ばかりですから、大丈夫だったでしょう。今度会う時には「障害者スポーツトレーナー」という正式な肩書をもって再会できることを楽しみにしています。

 参加者の皆さん、またどこかの競技会場でお会いしましょう。


久米秀作・帝京平成大学 (日本体育協会公認アスレティックトレーナー)