FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

本日入稿。今回も最後までバタバタしています。特集では5人の方に取材させていただきましたが、入稿日になっても、まだ確認できていないところがあります。

特集「アスリートの股関節」は、関節鏡を用いての最新の手術とその後のメディカルリハビリテーションとアスレティックリハビリテーション、そして股関節の機能不全の問題をとりあげます。あと少し。

明日は余裕ができて、このブログ記事ももう少し長く書けると思います。では。(清家輝文)
スポンサーサイト



おはようございます、堀池です。

今日は人生初の新製品記者発表会というものに午後から行って参ります!
どんな感じなのかとか、まったくわかりません。
未知の世界です。
清家さんに緊張しなくていいよと言われましたが
昨日の夜、少し考えて緊張したので考えることをやめました(笑)

そして今田口さんから取材のレクチャーをいただきました。
写真の取り方だったり、座る位置だったり、いろいろと。
少しでもプロっぽく出来たらいいと思います。
結構びびりなので勇気だして頑張ってきます!

知らない世界に行って、たくさんのことを知って
それらを生かせたらもっとレベルアップした自分になれそうです。

取材の様子はまた明日のブログにUPします!
では、寒いですが頑張りましょう!