FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

親カツカツ

久米先生顔イラスト ブログ 先日11日の読売新聞紙社会面に、第一生命保険が恒例のサラリーマン川柳入選作100作品を発表した、との記事が載っていました。そのなかの一つに

「二人の子、婚活、就活、親カツカツ」

 という川柳がありましたが、現代の親の困窮ぶりがよく出ていますね。

 また、偶然なのかそれとも意図的に並べたのか、この記事の横には『大学生仕送り1984年水準―7万4060円「ゼロ」も1割突破―』という記事も掲載されていました。つまり、故郷の親からの仕送りが近年かなり減ってきて、25年前の水準まで落ちてきているということなのです。なかには仕送り“ゼロ”の学生もいるようです。

 そう言えば、最近の学生は、よく親に迷惑をかけていることを口にします。僕たちが学生の頃は、アルバイトはまだ特別な存在でした。興味半分、自分の遊ぶ金欲しさ半分の、アルバイト=内職のような感覚でやっていたように思います。したがって、世間もアルバイトに精出す学生については、何となくアウトロー的に扱っていたように思います。学生は学生で、そのアウトロー的雰囲気に憧れてアルバイト生活にのめり込む人もいましたが、ほとんどの学生は、やはり学業と学園生活の次に来るものと考えていたと思います。

 ところが、最近の学生は本職としてアルバイトをやっているように感じます。ある学生は、アルバイトで学費を賄う、と言っていました。ある学生は、学費は親が補償するから生活費は全部アルバイトで稼げ、と言われていると告白しました。そして、これらの学生は異口同音に「親にこれ以上迷惑をかけられない」と言います。

 親に迷惑をかける、という発想に至った経験がない親不孝な僕としては(ゴメン)、ある意味この種の親孝行発言には反論できるはずもないのですが、あえて言わしてもらうならば、本職であるはずの学業を犠牲にしてまでアルバイトし、ただ卒業することだけが親に迷惑かけないことなのか、と学生には問いただしたいところです。

 しかし、学生はこれに対してはこう反論するでしょう。

「学業やそれに伴う資格取得はきっちりやります。ただし、サークル活動、部活動といった学園生活は全部カットです」

 つまり、必要最低限のことしかやりません、ということのようです。

 この傾向は大学の授業単位の取得状況にも出ていて、選択科目取得数は最低数(卒業単位数)に抑えようとする学生が多くなってきています。つまり、卒業単位に絡まない教養的科目の単位を取得しようとする学生が減ってきているのです。大学生が身に付けるべき学力とは何か、大学とは何か、今一度検討する時期に来ています。

スポーツカツ45 001
 川柳に話を戻しましょう。僕でしたら冒頭の川柳は「二人の子、高校、大学、親カツカツ」とします。「こども手当の全額支給はやっぱり難しい」なんて発言も出てきています。親の生活力の差が、そのまま子供に対する教育機会の差になってきているという人もいます。先ほどの大学生ではないですが、余計なことは一切やらせないという親は今後もっと増えるでしょう。スイミングスクール、体操教室、ピアノ教室、バレエ、絵画、各種の教室等に通う子供たちは減っていくのでしょうか。

 教養とは何か。「論語抄」(中央文庫)の著者陳舜臣氏によれば「(古来より)教養とは、六芸(りくげい)、つまり作法、音楽、射(弓)や御(馬術)のようなスポーツ、書、算術を嗜むこと」だと言います。「論語」は孔子(前552-前479)とその弟子の言行録です。

「子曰く、故きを温ねて新しきを知れば、以て師と為るべし」。

「温故知新」と熟語になったこの有名な言葉も、論語の言葉です。


久米秀作・帝京平成大学 (日本体育協会公認アスレティックトレーナー)


スポンサーサイト



皆さんこんにちは!
今日からブックハウスHDでお世話になる、日本体育大学女子短期大学部1年生の大須賀裕美と申します。
これから実習ブログを頑張って書いていきたいと思います。
内容はあまり期待しないで頂きたいです。笑

私は大学で9人制バレーボールをやっています。
高校までは6人制バレーボールをやっていたのですが、大学では6人制に入部出来ませんでした…(;ω;)
しかし、今では9人制にしかないバレーボールを楽しんでいます!
新しく学ぶ事が多く、勉強の毎日です。
やっぱりこれから先もずっとバレーボールをやっていきたいです(*´∀`*)!
皆さんも機会があればバレーボールの試合を観てください。

現在大学は実習期間という名の春休みです。
この期間にどれだけ沢山の経験を積んでいけるか、自分の就職への第一歩だと考えています。



書きたいことを書いているとまとまらないので…このくらいにしておきます。笑
とにかく今は実習頑張ります!
皆さん宜しくお願い致します。