FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


高橋大輔選手の銅メダルで日本中が沸いたフィギュアスケート フリー。
その一方で、靴紐が切れるというアクシデントに見舞われた織田信成選手と四回転をみごとに決めた小塚崇彦選手。

それぞれの結果は結果として、まずはお疲れさまでした。

織田選手の靴紐に関しては、「なんで? オリンピック本番で……」と正直思ったが、やはりオリンピックでは一つでも不安な要素があっては、勝てないというところだろう。

今回、初めてのオリンピックということもあって、織田選手の精神的な面も高橋選手とは違っていたのかもしれない。

スピードスケートでも、ほんの数ミリ刃がズレるだけでも、まったく感覚が異なると以前聞いたことがある。
とくにスピードスケートの場合は、足の裏の感覚がセンサーのように働くため、人によっては靴下を履く選手と、はかない選手がいるそうだ。

そうした微妙な感覚は本人にしかわからないだろうが、織田選手には、是非、ソチのオリンピックで今度は勝利の涙をみせてほしいと思う。

それから、高橋選手は、膝前十字靱帯損傷からの復活、みごとでした。
私も膝ACL損傷をして手術をしているので、リハビリの大変さやつらさは経験している。
TVで、リハビリの様子を映し出されるが、たしかに可動域訓練は痛い。

膝ACL損傷は、選手生命を脅かされるケガと言われている。

しかし、高橋選手の見事な復帰は、同じケガでリハビリに励むアスリートたちの光になるだろう。

それにしても、根気よく、8時間ものリハビリに付き合った理学療法士の先生もすごい。

機会があれば、是非、取材してみたいと思った。


編集部:田口
スポンサーサイト



今日は実習二日目です。
朝来てパソコンを立ち上げ、インターネットに繋げようとしたところ…繋がらない。
何を何度やっても繋がらない。
田口さんでも繋がらない。
浅野さんに見てもらってようやくインターネットに繋がりました。
最初にインターネットをつけようと試みてから約一時間後の出来事でした…(;_;)泣
どうやら私はパソコンに嫌われているみたいです。笑

今日は午後から田口さんと命の認識医学と芸術展という二つの展覧会を見て来ます!
それで原稿を書くのでしっかりと見て、考え、テーマを読み取って原稿を書けるように努力します。

いくら寝ても眠たくなるのはなんででしょう(´`;)?
それでは今日も頑張ります!
大須賀でした。