FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第6回スポーツ仲裁シンポジウムが下記の内容で開催されます。



第6回スポーツ仲裁シンポジウム
「世界におけるスポーツ仲裁と日本」


【開催日時】2010年3月17日(水曜日) 18時00~20時30分

【会場】京王プラザホテル(東京都新宿区西新宿2-2-1)

【プログラム】
17時30分 開場
18時00分 開会・主催者あいさつ(一般財団法人日本スポーツ仲裁機構)
18時10分 基調講演(スポーツ仲裁裁判所事務総長 マシュー・リーブ)
19時20分 パネルディスカッション
20時10分 質疑応答
20時30分 閉会

【パネリスト】
マシュー・リーブ (スポーツ仲裁裁判所事務総長)
池田めぐみ (フェンシング・女子エペオリンピック選手)
河合純一 ((社)日本パラリンピアンズ協会会長)
河野一郎 ((財)日本アンチ・ドーピング機構理事長)
小寺彰 (東京大学教授)
山崎卓也 (弁護士(Field-R法律事務所))
司会 早川 吉尚 (立教大学教授)

・募集人数200名(申込み順)
・参加費無料
・同時通訳、手話通訳付

【申込方法】締め切り日2010年3月10日(水)必着

申込方法専用の「WEB申込みページ」または「FAX参加申込書」(FAX番号:
03-3466-0741)に、お名前や住所などの必要事項を記入・送信していただき、
後日申込み順で、招待状(はがき)をお送りいたしますので忘れずにお持ち
ください。詳細はこちら

スポンサーサイト



早くも実習四日目です!
そういえば日曜日は一度実家に帰ってました。
私は今は学生寮で生活をしているのですが、3月からは一人暮らしになります。
その準備の為に帰って千葉まで帰って生活用品を買っていました!
一人暮らしは確実に大変だと思いますが今からとても楽しみです。

そして今一番悩んでいることは、体重の増加です…(´`)泣
東京来てから●㎏太りました。
早く痩せる為にも生活習慣と食生活を改善せねば…;
運動しているのに何故太るのでしょうか?笑

地味にトレーニングをしながら作業頑張ります!
大須賀でした。