FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第4回バスケットボールトレーナー研修会のご案内が届きましたので、ご紹介します。


第4回バスケットボールトレーナー研修会

日程/平成22年4月18日(日)

会場/味の素トレーニングセンター 1F大研修室

主催/財団法人日本バスケットボール協会医科学研究部トレーナー部会
協力/財団法人日本バスケットボール協会医科学研究部
   日本バスケットボールリーグ機構(JBL)
   バスケットボール女子日本リーグ機構(WJBL)
   関東大学バスケットボール連盟

テーマ/前十字靱帯再建術後のリハビリテーションについて
    ~当院での取り組み 選手と向き合って得たもの学んだもの~

スケジュール/
12:30~13:00 受付
13:00~14:30【講演1: 関東労災病院】
       講師:内山英司先生(日本バスケットボール協会医科学研究部部員)
       講師:藤島理恵子(理学療法士)

14:40~16:10【講演2 船橋整形外科病院】
       講師:蟹沢 泉先生(日本バスケットボール協会医科学研究部部員)
       講師:調整中(理学療法士)

16:20~16:50【ディスカッション】
       司会:三木英之先生(日本バスケットボール協会医科学研究部部長・平塚共済病院)


申込締切/平成22年3月31日(水)

定員/120名

会費/JBL、WJBL所属トレーナー、その他一般:¥2,000
   関東学連学生、その他学生:¥1,000
   ※会費は、当日受付にて徴収いたします。

申込み先:JBL、WJBL、関東学連 各トレーナー担当者宛
     (各担当者の方からJBAトレーナー部会担当者にご連絡下さい)

問い合わせ/担当:津田
      VED02115@nifty.com 
スポンサーサイト



最近日中はとても暖かい日が続きますね。
このまま何事もなく春までいってくれると良いのですが…。

今日はいよいよ女子フィギュアのショートプログラムです!
おそらく今季のオリンピックで一番日本が注目している種目とも言えるでしょう。

浅田真央選手、安藤美姫選手、鈴木明子選手の三人の練習風景は昨日もテレビで沢山流れていました。
中でも浅田選手は順番がキム・ヨナ選手の前ということでメディアの注目度が一番高いです。
私は浅田選手と同じ年なので、19歳の若き代表として是非金メダルを取って欲しいという期待をしています。

先日、男子は高橋選手が銅メダルを取りました。
これにみんな続いてメダルラッシュになってほしいです。

「世界で一番」になることはとても難しいです。
でも誰がみても「一番」になることはもっと難しいです。
芸術点を競う種目は人の価値観の違いで「一番」が変わります。
もしかしたら誰も知らないところで世界新をたたき出してる人もいるかもしれません。
…「一番」って何なんでしょうね(・д・)?笑

今日はテレビでフィギュアを見れないので、夜にニュースで良い報告が聞けることを心待ちにしています。
引き続き実習頑張ってきます!
大須賀でした。