FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


鍼灸実技セミナーのご案内が届きましたので、紹介します。


鍼灸実技セミナー
スポーツ障害に対する鍼灸術 アドバンス編


 昨年7月に開催しご好評を頂いたアドバンスコースですが、今回は米国オリンピックチームやアスリートのスポーツ障害、一般の患者さんに施す、ストレス、内臓系疾患への治療法をご紹介します。
 
 アドバンスコース最大の利点は小人数制のため6時間30分の実技セミナー中、受講者別に質問、手技指導、取穴の確認など詳細に学ぶことができます。もちろん今までの復習として基本治療もしっかりカバーします。

 アドバンスコースならではの高度な手技と、実際に明日から使える即効性のあるテクニックを学び、患者さんのために活かしましょう! 実際に明日から使える即効性テクニックを学び、少しでも患者さんを楽にしてあげましょう!

■大阪会場 履正社医療スポーツ専門学校
 4月10日(土) / 11日(日)
   
■横浜会場 湘南医療福祉専門学校
 4月17日(土) / 18日(日) 

時間/受付開始:午前9時、午前9時30分~午後5時(昼食時1時間休憩)

講師/小松武史(東洋医学博士/U.S.A.オリンピックチーム 鍼灸師兼アスレチックトレーナー)

受講料/15,000円 (鍼・実技用品込み)

定員/30名(先着申込み)

対象者/専門学生、鍼灸師、スポーツ鍼灸に興味のある方

内容/基本治療復習(於血処置、免疫力向上、ホルモンバランス、内臓調整)
   内臓疾患に対しての穴の選び方、疾患別処置法 (脾経、肺経)
   鍼灸師の為のスポーツリハビリテーション(腰痛患者に対しての段階別運動療法)
   実技(取穴、刺入、角度、深度、そして実際の治療)
   腰痛に対してのピンポイントケア(股関節、背部、仙骨、梨状筋や殿部の治療、座骨神経痛、椎間板から来る腰痛、腰椎3,4,5番の痛みに対して等)

詳細・お申込みはホームページでご確認ください。

問い合わせ/カリフォルニアスポーツ医学センター
電話:0466-24-4446
スポンサーサイト



今度の日曜、『スポーツですこやかに伸びる子どもづくりシンポジウム~子どもの健全育成システム構築のために~』というシンポジウムが京都(キャンパスプラザ京都)で開催されます。私も行ってきます。

会場でお会いするかもしれませんが、よろしく(カメラマンをやります・笑)。

このシンポジウムについては、このブログの「セミナー情報」で掲載していますので、興味のある方は左のボタンから参照してください。(清家輝文)

野球共育塾勉強会の開催のご案内が届きましたので紹介します。

野球共育塾勉強会in北上

 野球共育塾は野球に関わる方々の「学びの場」で、職種や立場を越えた集うのが特徴です。この会は野球選手に対応できる「プロの育成」と「現場と医療のネットワークづくり」を使命に、ここで得た知識や人脈を活動に活かして、地域で活動して頂くことが目的です。
 共育塾は幅広い視野を持った真のプロの育成を目指していますが、今回はそのための方向性を見直すために勉強会を開催します。また、東北の野球界発展のために何ができるかを考えつつ、現場と医療のネットワークについても活動につながるように進めていきます。野球選手の活動環境向上には現場と医療の方々の継続した出会いが必要ですので、皆様のご参加をお待ちしております。
                                                              野球共育塾代表:能勢康史

日時/2010年3月6日(土) 受付開始15:30 勉強会16:00~19:00 懇親会19:30

テーマ/東北の野球を発展するにはー自チームの強化と地域発展のつながり

内容/
・①~③について能勢が30分位プレゼンし、その後参加者で討論。必要に応じて実技を行うなど参加者が交流できるよう進めていきます。また、流れの中でテーマである「東北の野球界発展」について討論できればと考えます。

①指導者に求められる資質の根ー人間学をチームの強化に生かすには
②野球動作のための姿勢づくりー下肢・体幹連動のトレーニング(理論と実技)
③技術論(参加者の要望にお答えする)
-投球障害予防とパフォーマンス向上からみる投球動作
-走塁の戦術とトレーニングについて
④フロアからのざっくばらんな悩み・疑問についての意見交換

主催/スポーツサポート機構野球事業部

会場/北上市文化交流センター さくらホール
〒024-0084 岩手県北上市さくら通り2-1-1 TEL0197-61-3300

アクセス/電車:JR東北新幹線「北上」駅 西口より 車で 約10分
        JR北上線「柳原」駅 より 徒歩 約10分    
        東北新幹線 やまびこ号にて  東京―北上  約 3時間  
                       盛岡―北上  約 20分   
バス:JR「北上」駅西口 6番乗り場(江釣子線)「さくらホール前」下車 徒歩約5分 
お車:東北自動車道 北上・江釣子I.Cより 約 10分  ※無料の駐車場があります。

対象/野球の指導者・トレーナー、医療従事者、その他興味のある方(他競技も可)

会費/会費は以下の2通りです。いずれも当日会場にてお支払い下さい、学生も同額です。
   会員:2,000円(次年度の年会費)、初参加者:3,000円(年会費2000円を含む)

申し込み方法/下記の事務局まで、メールにて「野球共育塾参加希望」とし、「①名前、②所属(チーム・学校名など)、③携帯電話番号、④メールアドレス、⑤懇親会への参加の有無」を記入の送信下さい。当日参加も可能ですが、事前に連絡頂けると幸いです。

申し込み締め切り/3月3日(水)午後8時までにお申し込み下さい。

事務局/大木秀一(岩手県立西和賀高等学校)
E-mail:ohki@nwg-h.iwate-ed.jp
FAX:0197-84-2844




118号が発売になりました。

「アスリートの股関節」が特集テーマです。詳しくは上の欄からご覧ください。

次号の特集については、現在交渉中。うまくいくかどうか。また決まったらお知らせします。(清家輝文)
昨日言っていた女子フィギュア見ました!
残念ながら浅田選手はショートプログラムは2位で終わってしまいました。
安藤選手は4位!鈴木選手は11位!
現時点ではこのような結果に終わりましたが、まだフリープログラムがあるので日本の3選手は逆転目指して頑張ってほしいです!

そしてキム・ヨナ選手すごかったです。
鳥肌が立つほど圧倒されました。
007の曲に合わせた振り付けが何とも言えず綺麗でした!
浅田選手は可愛いという感じでしたがキム・ヨナ選手は綺麗という感じですね(`・ω・)ノ
最後の銃を撃つ振り付けが個人的には一番好きです。

私が実習終わると同時にオリンピックも終わります。
最後の最後まで日本の選手にはやりきって頂きたいです!
以上、大須賀でした!