FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


実技の基礎を実践的に学ぶアドバンスセミナーのご案内が届きましたので、紹介します。


実技の基礎を実践的に学ぶアドバンスセミナー
――技術と自信を身につける全7回シリーズ

■前期セミナー 頸部編・上肢編・下肢編・腰部編
■後期セミナー 内臓疾患編 ① 内臓疾患編 ② 精神科疾患編

グループでベッドを共有し、講師の手技手法を学びながら受講者が施 術を反復することで実践力を確実に養います。講師が各ベッドを廻りながら質問に応じ、手技 、取穴の確認など詳細に指導します。

【前期開催日時】
第1回 4月24日(土) 頚部編  小松武史 講師   会場:日本医療リンパドレナージ協会本部
第2回 5月16日(日) 上肢編  縄田大介 講師   会場:湘南医療福祉専門学校
第3回 6月13日(日) 下肢編  井澤秀典 講師   会場:日本医療リンパドレナージ協会本部
第4回 7月18日(日) 腰部編  朝日山一男 講師  会場:東京衛生学園専門学校
※後期セミナーは9月から始まります。詳細は5月までに発表します。

受講料/1回 8,000円 (鍼・実技用品込み)
    前期一括申込み 4回/32,000円

セミナー/3時間

定員/30名(先着申込み)

対象者/新卒有資格者・有資格者で基礎実技を学びたい方

申し込み方法/ホームページでご確認ください。

問い合わせ/NPO法人 はばたきサポート
電話:0466-36-6063
スポンサーサイト



下記フォーラムの案内をいただきましたので、掲載します。

■第18回よこはまスポーツ整形外科フォーラム

会  期:平成22年6月13日(日)
場  所:横浜 産貿センタービル9F 横浜シンポジア
     http://www.yokohama-cci.or.jp/symposia/ 
     〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町2番地 
     産業貿易センタービル
     電話 045-671-7151
     みなとみらい線「日本大通り」駅から徒歩5分

学会内容
一般演題(討論中心)
パネルディスカッション
『ラグビー選手の外傷・障害』
『投球スポーツにおける肩・肘障害への取り組み』
ランチョンセミナー:(日整会教育研修講演申請中)
   『投球による肩、肘障害に対する治療的アプローチ』
岩堀裕介先生 (愛知医大整形外科 准教授)
特別講演:(日整会教育研修講演申請中)
「高校野球と私」
渡辺元智先生 (横浜高校野球部監督)

事務局
〒236-0037
神奈川県横浜市金沢区六浦東1丁目21番1号
国家公務員共済組合連合会
横浜南共済病院 スポーツ整形外科
第18回よこはまスポーツ整形外科フォーラム事務局
代表 山崎 哲也
TEL: 045-782-2101(内線7310)FAX: 045-701-9159
E-mail: 18yokohama@minamikyousai.jp

フィギュアスケートは非常に残念な形で終わってしまいました;;
浅田選手の会見を見ているとこっちまで泣きそうになります…。
やはりキム・ヨナ選手は強かったです!
世界記録を塗り替えてしまいました。

これは世界選手権も見なければ!


昨日は実習を休ませて頂き、大学のオリエンテーションとホームルームに参加してきました。
みんなと会うのが久し振りで懐かしい感じになりました。笑
色々な先生にも会えて嬉しかったです!

もうすぐ進級して二年生になります。
今から後輩が入ってくるのが待ち遠しいです(^ω^)

大学の先生からお土産に宇宙食を頂きました!
大切に取っておいてから食べようと思います。

寒がり、でも暑がりな大須賀でした。