FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

テーピングセミナーのご案内が届きましたので、紹介します。


アスリートのためのテーピングの実際
現場で求められる痛みを消す即効性テーピング


•パフォーマンス向上目的、障害直後の緊急テープと段階別リハビリテーションテーピング
•痛みを軽減、消去しメンタル的にもアドバンテージがあるルーコテープテクニック
•膝関節障害の手術後に、競技に復帰するためのアスリートリハビリテーション
•特別講演 ペップトーク

日時:4月25日(日)
    午前10時より午後5時(昼食1時間)、午前9時30分受付開始

会場:東京衛生学園専門学校

料金:¥15,000(実技用品含む)

定員:40名(先着申込み) 

内容:
「ホワイトテープ実技」講師 小松武史
  足関節(緊急用)、膝、肩、肘、手首、親指、アーチ、外反母趾、シンスプリント

「ルーコテープ実技」講師 鵜殿益任
  足関節、膝(内側側幅靭帯、後十字靭帯、マカーネル)、肩、その他

「講義 前十字靭帯再建手術後、競技に復帰するための段階別リハビリテーション」講師 小松武史

ゲスト講師:岩崎由純 
ペップトーク:アスリートの魂を揺さぶるスピーチと理論背景
 

講師:小松武史(USAオリンピックチームアスレティックトレーナー・東洋医学博士)
    鵜殿益任(リコーラグビー部アスレティックトレーナー)

ゲスト講師:岩崎由純氏 日本のトレーナー界を牽引する第一人者 

詳細・受講申込み:
カリフォルニアスポーツ医学センター 日本事務局
0466-24-4446





  
 
第14回国際内分泌学会議 市民公開講座開催のお知らせが届きましたので、ご紹介します。

第14回国際内分泌学会議 市民公開講座

 第14回国際内分泌学会議が開催されるにあたり、内分泌学の分野での最新の研究成果を一般の方を対象に広く還元する目的で市民講座を以下のように開催します。

 ホルモンとは私たちの体の中でさまざまの種類のものが作られていて、子供の健やかな成長や大人の健康な生活、元気な長寿につながる大切な調節を行っています。ゲストには北京五輪銅メダリストの朝原宣治氏をお迎えして健康な体作りに関わるお話と我が国を代表する内分泌各分野の専門家に人の一生にまつわる様々なホルモンの役割と病気について分かりやすく解説します。

タイトル:ホルモンを活かす成長・健康・長寿

開催日時:2010年3月28日(日曜日)
開場 13:30
開演 14:00
終了 16:30

会場:国立京都国際会館 アネックス1

ゲスト:朝原宣治(あさはら のぶはる)氏 北京五輪銅メダリスト、大阪ガス

プログラム
1.朝原宣治氏紹介ビデオ
2.ゲストトーク「ホルモンとスポーツ」朝原宣治氏 聞き手 中尾一和
3.講演1「加齢と肥満・糖尿病」中尾一和(京都大学 内分泌代謝内科 教授)
4.講演2「男性更年期」松田公志(関西医科大学 泌尿器科 教授)
5.体操「その場で体操 すわろビクス」体操指導:梅田陽子
6.講演3「ホルモンとこどもの健やかな成長・発達」長谷川奉延(慶応義塾大学 小児科 准教授)
7.講演4「骨粗鬆症」松本俊夫(徳島大学 内分泌代謝内科 教授)
8.講演5「脳のホルモンとその病気」寺本 明(日本脳神経外科学会 理事長)

司会 林 達也(京都大学 人間・環境学研究科 准教授)

主催:内閣府日本学術会議、第14回国際内分泌学会議(ICE2010)、社団法人日本内分泌学会

後援:認定NPO法人日本ホルモンステーション、京都府医師会(予定)、京都内科医会


新聞広告のコピー
校長のカツ

久米先生顔イラスト ブログ 現在、大学のキャンパスは静寂そのもので、4月から新学期を迎えるにあたり英気を養っているようにも見えますが、かといって全く機能停止しているわけでもありません。2,3月という月は、粛々と新学期に向けて準備を進める時期でもあります。

 私が担当している教職コースでは、この時期が教育実習に向けての準備期間として重要な意味を持ちます。教育実習は、教職コースの4年生が2~4週間の間中学校や高校に実習生として出向き実習を行うわけですが、実習先では今までの自分とは真逆の立場になって教壇に立ったり生徒指導を行ったりするわけですから、実習に行く本人のみならず、送る側である我々担当教員の心配も大いにボルテージが上がります。

 幸い私が実習担当を始めてからは、それほど大きな問題は発生していないのですが、全く問題がないわけではありません。実技授業の最初に生徒を集めることが出来ない、と実習先の指導教員から苦言を呈されたこともあります。つまり「おい、集まれ!」の一言が言えないというのです。では、実習生はどうしているのか。授業が始まってもウロウロしている、というのです。この時は、私も「ここからの指導が必要か」と肩を落としたことを覚えています。

 この例は他大学での話ですが、実習生の中にはまだ本当に教員になるかどうか決めかねている者がいて、その学生が実習先の指導教員に「私は別に教員になるつもりはありません」と言って大きな問題になったことがある、というのです。確かに、実習先の指導教員にしてみれば、忙しい時間の中で実習生の面倒を見、場合によっては勤務時間外でも励ましたり、たしなめたりと時間を割き、自分と同じ道を志していると思うからこそ指導に力が入るのに、「ただ教員免許が欲しい」がためだけに教育実習に来ていることがわかってしまえば、全身の力が抜ける、というのも尤もな意見だと思います。

 実は、私の大学にもこういった学生は少なからずいます。ただし、これには彼らなりの理由もあるわけで、例えば、今はまだ教員採用試験に受かる自信がないとか、教職以外の職種を希望する学生にとっても教職免許が必要である、という現実があります。したがって、これはこれで納得せざるを得ないわけですが、前述の問題の根底には、実習生のモラル、つまり受け入れ先の感情を逆なでしている、ということに気がつかないモラルの低さが問題なのだと思います。

 そこで、私の大学では、先日の3月1日、2日に「教育実習事前指導」という集中授業を行いました。この授業の主旨は、もちろん実習生のモラルの向上にあります。「実習に行くにあたっての心構え」から始まり、実習に行く際の髪型・服装に至るまで指導します。

スポーツカツ47 001 この授業のメインプログラムは、現役高等学校校長による講義です。お願いした校長は保健体育教員でもある方ですか、うちの学生にはうってつけだろうとお願いしました。

 当日の先生のお話は、先生ご自身の長い教員生活に裏打ちされた内容で溢れていました。学生たちもさすがに寝る者などなく、聞き入っていたようでした。なかでも「教育実習には、自分が教員に向いているかどうか、しっかり見極める覚悟で行きなさい」という校長の言葉には、学生たちにも大いに納得したようです。講義後の感想文に、このことを書いている学生が多く見られました。

 親には叱れないことを他人に叱ってもらう。そうやって、子供は一人前に育つのだと思います。今回は、我々ができない“喝”を、校長に入れてもらう格好になりました。


久米秀作・帝京平成大学 (日本体育協会公認アスレティックトレーナー)

今月出る119号の特集は、「野球肘」をテーマにします。

野球肘について長年臨床・研究に携わってこられた岩瀬毅信先生に取材します。また柏口新二先生にも最新の知見とともに語っていただく予定です。

ある疾患の診断・治療・予防については、必ずそこに医師や理学療法士など医療従事者の「哲学」があると思います。そういう部分にも触れながら、今後も特集に取り組んでいきたいと考えています。みなさま、よろしくお願いします。(清家輝文)
めざせ女子日本代表!──トライアウトのお知らせが届きましたので紹介します。
オリンピックにチャレンジしたい方は、是非アクセスしてみてください。


めざせ女子日本代表!──トライアウト

女子ラグビー 財団法人日本ラグビーフットボール協会
、女子ラグビーフットボール連盟では、昨年9月オリンピック種目に決定した「7人制ラグビー」への注目、11月に惜しくも敗退したW杯アジア地区予選の結果を踏まえ、今後、全国的な女子ラグビー知名度UP活動から、競技人口増加へつなげ、そして切磋琢磨した中で代表候補選手を選出し、オリンピック出場、15人制W杯本選出場を目標に戦っていくことの必要性を認識しました。

 そこで、今回、幅広い年齢層からの育成、以前やっていたスポーツ独自の高い能力を、各ポジションの専門性が高いラグビーにフル活用してもらえる他競技経験者を含めたトライアウトを企画いたしました。

 代表候補選手、コルツ(代表育成)選手は、全国からの募集となりますが、ユースは東北・関東・関西・九州の各地区で活動をおこなっており、今回の日程は関東近県地区選手の募集となります。
是非この機会にオリンピック選手、日本代表選手を目指してみませんか?

 トライアウトの日程を2日間設定致しましたので、どちらかご都合の良い日程に参加して下さい。万障お繰り合わせの上、ご応募下さいますようお待ちしています。


日程/2010年3月14日(日)・3月28日(日)
※どちらか希望日1日
※第2回トライアウトは、夏以降に関西地区で実施予定

時間/10時集合、10時30分開始~15時終了予定

会場/東京・辰巳の森海浜公園ラグビー練習場(東京メトロ有楽町線辰巳駅下車徒歩7分)

応募資格/3つのカテゴリーに分かれて募集します。

①日本代表候補選手:18歳以上の女性

②コルツ選手(日本代表育成選手):新高校1年生~3年生

③関東ユース:新小学5年生~中学3年生
※東北ユース:3月以降に書類選考実施予定
※関西ユース:4月25日(日)実施予定
※九州ユース:4月18日(日)実施予定

選考方法/体力測定、適応能力、判断力などを総合的に判断

応募方法/問い合わせ先の日本女子ラグビーフットボール連盟「トライアウト募集」ページより該当するカテゴリーの専用申込書をプリントアウトし、下記住所に郵送で申し込む。

①日本代表候補選手:18歳以上の女性
  2010.03.14.28.15th.selection.pdf

②コルツ選手(日本代表育成選手):新高1~3年生
  2010.03.14.28.colts.selection.pdf

③関東ユース選手:新小学5年生~中学3年生
 ※関東ユース希望の選手は、一緒に添付の書類をご確認の上、お申し込みください。
   2010.03.14.28.kantoyouth.selection.pdf

応募締切/2010年3月6日(土)消印有効

郵送先/〒153-0053 東京都目黒区五本木1-8-19-303 岸田則子宛
E-mail:noriko-jwrf@pop02.odn.ne.jp

その他/当日、運動できる服装、運動靴、タオル、着替え、昼食をご持参下さい。保険証の持参も忘れずにお願いします。

問い合わせ/応募方法詳細につきましては、女子ラグビーフットボール連盟HP『女子ラグビートライアウト』ページへ
 サッカー・スポーツを通じて21世紀の“ゆたかなくらしづくり”を目指すことを“志”とする異業種ネットワーク「サロン2002」が主催するシンポジウム「2019年ラグビー・ワールドカップ日本大会を語ろう!」の開催についてご紹介します。


サロン2002公開シンポジウム
「2019年ラグビー・ワールドカップ日本大会を語ろう!」


会期/3月6日(土)

時間/午後4時受付、午後4時30分~7時 *懇親会午後8時ごろより

会場/青学会館 アイビーホール-アロン―
   東京都渋谷区渋谷4-4-25

演者/●岩渕健輔(日本協会ハイパフォーマンス・マネージャー)
     ワールドカップまでの10年、日本のラグビーをどうしていくのか。
    日本協会ハイパフォーマンス・マネージャーの立場から。

   ●直江光信(スポーツライター)
     ワールドカップまでの10年、日本のラグビーにどうなってほしいか。
    ワールドカップをどう楽しむかなど、ジャーナリストの立場から。

   ●島田佳代子(ライター)
     ラグビーとサッカーの両ワールドカップ観戦経験から観た違いと
    ラグビーワールドカップの楽しみ方。
    イングランドに8年暮らした経験から感じた、ラグビーファンとサッカーファンについて。

コーディネーター/中塚義実(サロン2002理事長、筑波大学附属高等学校)

参加申し込み/どなたでも参加できます。
・会員の方はHPより申し込む。
・会員外の方は氏名、所属(差し替えなければ)、連絡先(TEL/E-mail)、懇親会(参加、不参加)を明記のうえ、salon2002@j-sps.com まで申し込む。

参加費/1,000円(学生、院生は無料)

問い合わせ/サロン2002公開シンポジウム事務局
      担当:高田敏志
      E-mail:salon2002@j-sps.com 

「初恋」は誰にも甘酸っぱい思い出。今月はその初恋をテーマにした映画とそこに登場した恋文のようなお料理の紹介です。

初恋のきた道(文・料理/大仁浩子・もも家店主、イラスト/横江節子・神戸市垂水区在住)

文中 うらうらと暖かい日が巡ってきて、春のお彼岸が近づいてきた、婚家の一族の墓は海を見下ろす高台。そこには同じ姓を刻んだ御影石の墓がずらりと並ぶ。その墓の間に、小さな自然石の墓がひっそりと置かれている。花台もなく錆びた線香立てがひとつあるだけの。

 義母は「うちは分家やさかいに、お線香の2~3本も立てて、ついでにお参りしといたらよろしいわ」と言うばかり。

あるとき、本家の伯父と墓参りをすることがあり、その土饅頭のような名もない墓について尋ねた。
 
「この墓はな、本家(ウチ)に仕えて亡うなった使用人たちが祀ってある」と言う。身寄りもなく、一生を本家の田畑で働いた男衆、あるいは走り元と言われる台所でご飯拵や縫い物をして暮した女衆たちが眠っている。「俺(ワシ)が覚えとるのはイチだけやけんど」と伯父が言う。

 イチさんは尋常小学校を出ると淡路島から本家に奉公に来た。「太り肉(じし)の大けな女御で、ようご飯を食べて、よう動いた」と言う。「その頃、家(うち)の裏は赤松の山で、秋には松茸が仰山生えてな。イチは籠を持って、朝早う人がまだ山に入らんうちに松茸を採って来て。半ドンで学校から帰ってきたら、醤油で煮〆めた松茸が鉢に山盛りにしてあるんや。また松茸か、言うとイチが怒って、贅沢言うんやったら食べんでもよろし、と飯櫃を下げてしもて。気ィのキツイ女御やった」。

 イチさんは働き者だったが器量はさほどでもなかったらしく、年頃を過ぎても縁遠く、まわりをヤキモキさせた。イチさんにやっとお婿さんが現れた。淡路の畳屋さんだった。そのお婿さんがイチさんに会いに来る日、本家は大騒ぎだったという。髪結いさんが来て、イチさんは仕立ておろしの着物を着て、仕出し屋から鯛が届いた。

「その婿の畳屋やけどな。色の白い、女形の役者みたいな優男やったんや。あれでホンマに畳を担いではるんやろかと家中の者が言うたもんや。ほんなら、母親が、イチが担ぎますやろ、言うてな」。イチさんは役者みたいな畳屋さんを一目で気に入った。

 その頃、神戸で一番の繁華街は新開地。一度だけ連れ立って出かけ、まもなく舟で嫁いで行った。やっと自分の家ができました、と言って喜んだイチさんだったが、幸せは長く続かなかったらしい。それから三年後、婿さんは風邪がもとであっけなく亡くなり、イチさんは再び本家に戻ってきた。先の第二次大戦では神戸にも焼夷弾が雨のように降り、火が山手にも迫ってきた。イチさんは井戸水を運び、蔵を守ったという。その頃はもう還暦やったんと違うかなあ、と伯父は言う。

 昭和20年、終戦をラジオで聞き、ようやく平和が訪れようとしたとき、イチさんは一日だけ床についたきりで、優しかった婿さんのもとへ旅立ったという。「苦労ばっかりやったなあ」と伯父は溜め息をつき、石の周りの小さな雑草を抜いた。

 神戸新開地の映画館、パルシネマで「初恋のきた道」を見終わったとき、イチさんの話を思い出していた。映画のラストシーンで主人公のディが教師であった夫を思い出して語る。

「亡くなった父さんは、とてもいい声だった。私は父さんの作った詩を毎日聞いていた」と懐かしむ。それを聞いた息子は父への哀惜と母を慰めるために一度だけ小学校の教壇に立った。授業は父の作った詩「識字歌」。

 人は世に生きて
 志を持ち
 読書・識字
 見識を増やせよ。

 映画の原題は「我的父親母親」。一途に人生を歩んだ両親の物語。その生き方のひたむきさに、ひたすらさに、幾度も泣く映画だった。伯父は「イチは小学校しか出とらんかったのに、どこで字を覚えたもんかなあ。俺(ワシ)らによう字を教えてくれた。賢い人やった」と語り続け、墓に水を注ぎ、線香を立てた。イチさんの晩年は、伯父たち三人兄弟を母親のように見守り亡くなったと言う。高い志を伯父たちに教え、イチさんもまた、ひたむきに人生を歩んだ。

 イチさんの墓の先、海の向こうには、淡路の島が春霞にかすんでいる。その島は、お婿さんがイチさんを迎えに来た、初恋のきた道の先にある。

*パルシネマ
神戸新開地にある映画館。館主好みの映画2本立てを上映。神戸が映画発祥の地と言われていたころのレトロな雰囲気を残し、根強い映画ファンの聖地である。
地下鉄神戸線、湊川公演駅下車。地上に出てすぐ。TEL078-575-7879



「もも家」のフードレシピ
■キノコ餃子

イラスト04 映画を見終わって、狂おしいほどに食べたくなる料理があります。伊丹十三監督の「タンポポ」ではラーメン。そしてチャン・イーモウ監督の「初恋のきた道」は、キノコ餃子。

 その物語の中で愛らしく初々しい主人公、ディは、寒村に赴任してきた青年教師を一目で好きになり、数々の手料理でもてなします。それを美味しそうに食べる彼にディはたずねます。

「あなたの一番好きなものは?」
「キノコ餃子だよ」。

 その餃子を作って待っていた日、彼は急な所用で町へ帰ることに。それを知ったディは、出来上がったばかりの餃子を胸に抱え、林を抜け丘を下り、彼の乗った馬車を追いかけます。けれど馬車は道の向こうに遠ざかり、つまずいて倒れたディの手からキノコ餃子は、無残にも草の上に転がってゆきました。

 文盲のディにとって手作りの餃子は恋心を届ける恋文(ラブレター)。その届かない切ない思いに、観る者は胸をしめつけられるのです。
 それでは、印象的なシーンに登場するキノコ餃子を、ぜひ手作りなさってください。


■磨茹水餃(モウグーシュイジャオ:キノコの餃子)
jumee☆recipe2Ljumee☆recipe2R 材料(約40~50個分)
豚バラ肉薄切り  200g
生椎茸      大3枚
舞茸       100g
エノキ       50g
長ネギ      約1/2本
生姜       1/2かけ(親指大の1/2)
餃子の皮(市販のもの) 径8cm 1~2袋
イラスト01調味料  酒 大2
     醤油 大2
     塩  小1
     サラダ油 大1
     ゴマ油 大1
     オイスターソース 大11/2
     片栗粉 大2

jumee☆cooking1Ljumee☆cooking1R  作り方
①バラ肉は繊維を切るように、小口から5mm幅に切り、醤油小1/2、酒小1/2、塩少々(分量外)で下味をつけ、もみこんでおく。

イラスト02②キノコ類はみじん切り、長ネギ、生姜は小さくみじん切りし、①の肉に入れます。分量の調味料をすべて入れ、手でよくこねて、餃子の種を作ります。

③餃子の皮で包むときの糊を作ります。
小麦粉大2に、水を少しずつ足しながら混ぜ合わせ、マヨネーズくらいの固さにします。市販の餃子の皮の中央に小さじ山盛り1杯くらいの②の種を置き、皮のまわりを糊付けします。皮を半分に折りたたみ、上側になるほうを2カ所、プリーツをとるように襞をとり、しっかり貼り合わせます。
★注:種を置くとき、皮のはしに付かないよう注意します。種に含まれる油分で閉じた皮がはがれてしまいます。
イラスト03
④鍋にたっぷりの熱湯を用意。③で包んだ餃子を静かに入れ、約5分静かに茹でます。水餃子ができる間に、お豆腐、水菜のざく切りを同じ鍋で湯通しして、餃子のつけ合わせにします。


■餃子タレ
 付けタレは、お好みでどうぞ。
 醤油+ゴマ油
 醤油+ラー油
 ポン酢+一味唐辛子
 ポン酢+練り辛子 などなど。


 この餃子の種は、キノコと豚肉の旨味がたっぷり含まれ、茹でると片栗粉のトロリとした食感となります。油で焼かないので、さっぱりと食べられます。もちろん、焼いて、ぱりっとした皮ととろりとした種のハーモニーもお試しください。
 手作りの餃子はあたたかな思いを伝えることでしょう。春寒の夜にどうぞお作りください。


編集部より:大仁さんのフードレシピについては、このサイトで多数見ることができます。また、この記事の著作権は大仁浩子さんに帰属し、イラストの著作権は横江節子さんに帰属します。著作権の侵害にご注意ください。

〔もも家〕
TEL:078-391-2466
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-7-20 前川ビル2F
(三宮駅の北、徒歩5分)
毎月1日掲載の「もも家」のフードレシピは、編集部の都合で明日アップになります。

もう原稿はいただいているのですが、いろいろ作業があり、時間がかかっています。これからまた出かけますので、明日アップということでご了承ください。大仁さん、もうちょっと待ってネ。(清家輝文)
2月は入試があったり、期末試験があったり、卒業や入学との関係もあり、しかも28日しかなかったので、少しアクセス数も減るかなと思ったのですが、ユニークアクセス5410、トータルアクセス8928、うち初回訪問者は2416でした(100回以上のアクセスは898)。

twitterも始めましたので、けっこう毎日やることが多く、忙しい日々ですが、ブログもtwitterも続けていきますので、みなさんよろしくお願いします。(清家輝文)

オリンピック

 あっという間に3月。バンクーバーオリンピックも終了し、梅の花も盛りを過ぎ春一番も吹いて明日はひな祭り。春がやってきましたね。

 バンクーバーは浅田真央選手とキム・ヨナ選手に代表されるフィギュアスケート、クリスタルジャパンのカーリング、上村愛子選手のモーグル、服装の乱れから話題に上ったスノーボードハーフパイプ。見るきっかけはどうであれ、見るとその競技の醍醐味だったり面白さだったり知ることができたりして興味深い。

 オリンピックが始まるといつもメダルの数が話題になる。もちろん取れた方がいいけれど圧倒的に取れないことの方が多い。競技によって違いはあるけれどオリンピックに出場するだけでも大変なこと。日本一になったからといってオリンピックに出られるわけじゃない。そういう目線でみるとオリンピックに出るだけでもエライ。入賞したらなおエライ。メダル取ったらもっとエライ。

 上村愛子選手の「なんで一段一段なんだろう」という言葉に表されるようにいろんなことは一歩一歩。日本一になるだけでもあんなに大変なのに世界一になるってどんだけ大変! って思うけど、戦う舞台が世界になったときには日本一になる苦労も世界一になる苦労も同じなんじゃないかと思う。もちろん求められるレベルは違うけれど。

 某テレビ番組で選手強化を行うための「国の強化予算」比べが行われていた。ドイツ274億円、アメリカ165億円、イギリス・中国120億円、韓国106億円、日本27億円。単純にみるとドイツの10分の1。日本も他のスポーツ関連予算を合わせればもっと多いらしい。なかなか選手に直接届いていないらしいが・・・

 ところでバンクーバーオリンピックで影が薄かったようですが、2月25日からWリーグのプレーオフ・ファイナルが行われてたんですよ。プレーオフ・ファイナルは5戦用意され3戦先勝方式。対戦カードはJOMO vs トヨタ自動車。結果は怒涛の3連勝でJOMO優勝。今回はテレビ放映もほとんどなかったのでちょっと寂しかったですね。

 さて、写真は曽我梅林の梅祭りに行ったときのもの。とっても綺麗でしたよ。今年はもう終わりなので是非来年行ってください。

DVC00439.jpgアレコレ26-1

津田清美・日本体育協会公認アスレティックトレーナー

19日から始まった実習もいよいよ今日が最終日となりました!
しかし電車の遅延による遅刻でした(;ω;)
朝からとてもバタバタしてました。


バンクーバーオリンピックも今日が閉会式です。
結果は銀メダル3つ、銅メダル2つに終わりました。
金メダルがないのは少々残念ですが、選手の皆さんの頑張りに感動しました!
本当にお疲れ様でした!


そして昨日はチリ大地震による津波の影響で17年ぶりとなる大津波警報が発令されました。
17年ぶりはすごいです。
日本のほぼ裏側が震源地であるにも係わらず、この警報が発令されたという事は相当な規模の地震ですね…。
自然災害は恐ろしいです。



実習で色々な仕事をさせて頂き、とても貴重な経験が出来ました。
やはり社会人になることはとても大変な事だと改めて感じましたが、同時に仕事のやりがいも分かった気がします。
ここでの経験を将来に生かせるように大学生活を頑張っていきたいと思います!

皆さん今までありがとうございました。
大須賀でした!