FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


テーピングセミナーのご案内が届きましたので、紹介します。


アスリートのためのテーピングの実際
現場で求められる痛みを消す即効性テーピング


•パフォーマンス向上目的、障害直後の緊急テープと段階別リハビリテーションテーピング
•痛みを軽減、消去しメンタル的にもアドバンテージがあるルーコテープテクニック
•膝関節障害の手術後に、競技に復帰するためのアスリートリハビリテーション
•特別講演 ペップトーク

日時:4月25日(日)
    午前10時より午後5時(昼食1時間)、午前9時30分受付開始

会場:東京衛生学園専門学校

料金:¥15,000(実技用品含む)

定員:40名(先着申込み) 

内容:
「ホワイトテープ実技」講師 小松武史
  足関節(緊急用)、膝、肩、肘、手首、親指、アーチ、外反母趾、シンスプリント

「ルーコテープ実技」講師 鵜殿益任
  足関節、膝(内側側幅靭帯、後十字靭帯、マカーネル)、肩、その他

「講義 前十字靭帯再建手術後、競技に復帰するための段階別リハビリテーション」講師 小松武史

ゲスト講師:岩崎由純 
ペップトーク:アスリートの魂を揺さぶるスピーチと理論背景
 

講師:小松武史(USAオリンピックチームアスレティックトレーナー・東洋医学博士)
    鵜殿益任(リコーラグビー部アスレティックトレーナー)

ゲスト講師:岩崎由純氏 日本のトレーナー界を牽引する第一人者 

詳細・受講申込み:
カリフォルニアスポーツ医学センター 日本事務局
0466-24-4446





  
 
スポンサーサイト