FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

感動の深さ


更新が遅くなってすみません。

いろんなことに理由をつけて後回しにするとドンドン遅れてしまう…。

反省です。

前回の更新から今日までの手帳を見返してみると実にいろんなことがありました。

その中で今回はR大学女子バスケットボール部の卒部式について感じたことを書きたいと思います。

去年も参加させていただいたのですが、その時は普段はクールなキャプテンの涙に感動したのを覚えています。

今年も卒部する4回生の目には涙があふれ、感動的な卒部式でした。


人は感動を求める動物です。

感動を得るためには本や映画やTVでも可能です。が、それで得た感動はすぐに消え去ることが多い。それは自分が実際に体験したものではないからだと思います。


でもこの4回生達がした感動はどうでしょうか。

おそらく一生残るものだと思います。

人が本当に求める感動というのは、簡単に手に入れられるものではなくて、もがいて、あがいて、苦しんで……。その末に得られる一瞬の感動を求める。

たとえ結果は残せなかったとしても、結果を求めて必死に努力してきたことが感動になるのではないでしょうか。

未知の世界を夢見てそれを達成するために行動する、ここに深い感動が存在するのではないでしょうか。


私はもうオッサンですが、今でも感動を求めて行動していますよ……。

ReCo代表 吉村直心

スポンサーサイト