FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

感動の深さ


更新が遅くなってすみません。

いろんなことに理由をつけて後回しにするとドンドン遅れてしまう…。

反省です。

前回の更新から今日までの手帳を見返してみると実にいろんなことがありました。

その中で今回はR大学女子バスケットボール部の卒部式について感じたことを書きたいと思います。

去年も参加させていただいたのですが、その時は普段はクールなキャプテンの涙に感動したのを覚えています。

今年も卒部する4回生の目には涙があふれ、感動的な卒部式でした。


人は感動を求める動物です。

感動を得るためには本や映画やTVでも可能です。が、それで得た感動はすぐに消え去ることが多い。それは自分が実際に体験したものではないからだと思います。


でもこの4回生達がした感動はどうでしょうか。

おそらく一生残るものだと思います。

人が本当に求める感動というのは、簡単に手に入れられるものではなくて、もがいて、あがいて、苦しんで……。その末に得られる一瞬の感動を求める。

たとえ結果は残せなかったとしても、結果を求めて必死に努力してきたことが感動になるのではないでしょうか。

未知の世界を夢見てそれを達成するために行動する、ここに深い感動が存在するのではないでしょうか。


私はもうオッサンですが、今でも感動を求めて行動していますよ……。

ReCo代表 吉村直心

スポンサーサイト