FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


今は岩瀬先生の原稿をまとめているところだが、今日柏口先生にこれからインタビュー。

「野球肘」の問題って、整形外科的なことだけではなく、社会や文化にも関わってくる。いったいこの国のスポーツはいかなるものを目指しているのだろうかという思いもしてくる。

最新の知見も踏まえ、深いところに達することができればよいのだが、なにせ時間との戦い。頑張ってやるしかない。

ところで、twitterを始めるとブログの更新が滞りがちになるという話があるが、多少わかる気がする。twitterは140字以内なので、軽い気持ちで書けるが、ブログはそれより長く書けるので、また違うものでもある。

だんだんtwitterにも慣れてきたが、この先はクラウドコンピューティングだなと思っている。データをバックアップしなくてもよいというのは編集者にはたいへんありがたいところ。

キンドルを持っているお医者さんから、やがて雑誌もこれになる(電子配本)のは確実でしょうとのこと。そう思います。でも紙媒体もなくなりはしないだろうな。(清家輝文)
スポンサーサイト