FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


下記、案内を頂きましたので、掲載します。

■山形スモールセミナー
       
日時:平成22年4月25日(日) 9:30~15:00   会場:感動ハウス
   当協会資格継続単位:4.5単位
   会費:会員 8,000円  一般 9,400円(税込み)

「第三回 山形のニーズに応えるセミナー 専門性を活かした指導法を学ぼう」
1. 疾患対応プログラム 入門編 その2
    9:30~12:00  講師:石井 千恵(当協会副理事長・健康運動指導士)
2. ボールエクササイズ指導の現場から 治療から競技スポーツで使えるアウェアネスエクササイズ
    13:00~15:00 講師:秋葉早緒(プラクテイショナー)
                   小野郁生(プラクティショナー)
                   藤井裕文(プラクティショナー)

申し込み、詳細については、NPO健康医科学協会HP参照。
スポンサーサイト



心と体のリハビリテーション研究会より、下記の講習会のご案内が届きましたので、ご紹介します。


心と体のリハビリテーション研究会主催
「姿勢制御アプローチ」講演会 Part Ⅱ


 慢性的な痛みを有する疾患や運動器不安定症は、われわれが携わる医療やスポーツの現場において、最も多く遭遇するものです。

 近年これらの治療に、全身の姿勢制御機構を考慮したアプローチが特に有効であることがわかってきています。

 これまでの「形態を見て、形態を変える」治療手法を見直し、全身の「機能を診て、機能を改善する」手法、すなわち「姿勢制御アプローチ」による新しい治療の確立と効果の立証が期待される時代に、今まさに入ったといえます。

 今回は昨年のpart Ⅰに引き続き、「体幹-四肢のバイオメカと心と体の関係」に焦点を絞った「姿勢制御アプローチ」をテーマに、学術・実践の第一人者の方を講師陣としてお招きしました。これまでの常識を打ち破り、明確な効果を得られる治療手法をご紹介いただきます。

 参加した方々が新しい知識を習得され、意識の向上と医療の質を高めることを目的としています。
この機会にぜひご参加ください。 

会期/
京都会場:2010年9月26日(日)
東京会場:2010年10月24日(日)
福岡会場:2010年11月28日(日)
※いずれの会場も同じ内容です。

時間/いずれも、午前9時50分~午後5時20分

会場/
京都会場=京都テルサ
東京会場=有楽町よみうりホール
福岡会場=福岡国際会議場

講師/
福井 勉(文京学院大学 保健医療技術学部 教授)
山口光國(有限会社 フィジストレーナー 代表取締役)
脇元幸一(清泉クリニック整形外科スポーツ医学センター代表)

参加費(税込)/19,000円 ※partⅠ参加者は18,000円
    団体申し込み:5~9名=17,500円、10名以上=16,500円

申し込み方法/当講演会ホームページの「参加申し込みフォーム」をご利用いただき、お申し込みください。

問い合わせ/講演会事務局 実施運営組織(株)ゼノクロス
      担当 内田
      TEL 099-213-0511(鹿児島オフィス)
      E-mail receipt@koko-kara.info