FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

本日、無事夕方に入稿しました。今月25日発売ですので、ご期待ください。

岩瀬先生とは原稿について何度も電話でやりとりし、ようやく完成しました。柏口先生のお話も最新の知見や、野球肘の診断についての提案など見逃せない内容です。両先生のお話にも出てくる、今後野球肘の早期発見に有力な手段となるだろうと期待される超音波画像診断について、千葉労災病院の山口先生にも取材させていただきました。

なんで今でもこういう疾患が問題になるのか。

もちろんそう簡単なことではないのですが、スポーツ医学というジャンルが出てきて、いまだこういう問題があるということに、釈然としない部分が大きくあります。

少しこれまでとタッチが違う特集かもしれませんが、大事な特集なので、ぜひお読みいただき、ご感想、ご意見、ご批判をお寄せいただきたいと存じます。よろしくお願いします。

…きょうはまくらをたかくしてねられそうです。(清家輝文)
スポンサーサイト