FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

花キリン

 吉村先生のブログにもありましたが、卒業式シーズンですね。はかま姿の女学生に多く出会うようになりました。やっぱり可愛いですよね。私を知る人は想像し難いかもしれませんが、私も矢絣の着物に紫のはかま、髪にはお手製のリボンを付けて卒業式に出席しました。イメージは「ハイカラさんが通る」の紅緒。これがわかる人は私と同世代。

 ちょっと前に雪が降ったとは思えないほど、どんどん暖かくなってきて、車や電車に乗ってガラス越しに陽を受けているとポカポカを通りこし暑いような気さえする。

 春の日差しを受けて我が家のベランダも春っぽくなってきた。沈丁花は咲き終わり、雪やなぎは若葉がぐんぐん出てきた。マツバギクにも小さい蕾ができ始めた。一番きれいに咲いているのは花キリン。真っ赤な小さな花がポチポチとお日様に向かって並んで咲いているのはとっても可愛い。この花キリン。買ってきたときは背丈が10センチにもならなかったのに今は縦にも横にも成長し、これまで一つの鉢に2本一緒に植えていたけど、今年からは別々にしてくれと言っている(本当は言ってないけど、根っこを外に伸ばして窮屈!と訴えている)。

 ネコのひげも最近調子が悪い。そろそろ植え替え。いっぺんにできないので順番に。

 あまりこまめに手入れをしているわけじゃないけど健気に花を咲かせてくれる植木たちを見ていると季節が移ろいゆくのを感じます。

DVC00443.jpgDVC00445.jpg



津田清美・日本体育協会アスレティクトレーナー
スポンサーサイト