FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、順天堂大学有山記念館で開催された第2回順天堂整形外科スポーツフォーラムに行ってきました。

12時から18時半までびっしりのスケジュール。今回はラグビーがテーマで、シンポジウム1ではラグビーの外傷について、4人のドクターが発表、続いて「日本ラグビートップリーグの向かう道」と題し、稲垣純一・ジャパントップリーグCOOが特別講演。次に、シンポジウム2「ラグビー競技における外傷予防の実際」で、トレーナー、PT、コンディショニングコーチ、ドクターが発表。最後は、大畑大介・清宮克幸両氏の特別講演。
清宮・大幡

写真は講演後の質疑応答の模様。

ラグビーはプロ化から体格もスピードも増し、タックルも増えたとか。重症例も少なくなく、スポーツ医学の出番は多い。清宮さんは、「日本オリジナルのスポーツ医学を」と言っていましたが、たしかにそういうものがほしいところ。「骨折したら接着剤でつけてすぐに出場」というようなことは考えられないかということを清宮さんが冗談のように語り、フロアのドクターたちに「そういうことはいつか可能になると思う人」と聞いたところ、何人かの手が挙がった。私も挙げておきました。

このフォーラムの模様、次号で紹介します。(清家輝文)
スポンサーサイト