FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


センバツは、興南が延長12回を10-5で制して優勝しました。まずはおめでとう。日大三高もいい戦いを見せてくれました。

島袋投手は昨日の準決勝についで連投。連投したほうが優勝したわけで、119号で「子どもの野球肘」を特集したのでちょっと複雑。

それくらいの連投はなんでもないという人も多いだろう。実際、そういう例はいくらでもあった。しかし、どうなんだろう。甲子園のスケジュールもあるし、応援団のこともあるし、いろいろ考えると準決勝の翌日決勝にしたほうが、盛り上がるし、経費的にも収入としても得策なのだと推測される。

でも、本当にそれでいいのかという疑問も残る。こういう問題をうまく解決する方法はないものだろうか。(清家輝文)
スポンサーサイト