FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
AMS.ProおよびAthlete societasからのお知らせ



センバツは、興南が延長12回を10-5で制して優勝しました。まずはおめでとう。日大三高もいい戦いを見せてくれました。

島袋投手は昨日の準決勝についで連投。連投したほうが優勝したわけで、119号で「子どもの野球肘」を特集したのでちょっと複雑。

それくらいの連投はなんでもないという人も多いだろう。実際、そういう例はいくらでもあった。しかし、どうなんだろう。甲子園のスケジュールもあるし、応援団のこともあるし、いろいろ考えると準決勝の翌日決勝にしたほうが、盛り上がるし、経費的にも収入としても得策なのだと推測される。

でも、本当にそれでいいのかという疑問も残る。こういう問題をうまく解決する方法はないものだろうか。(清家輝文)
スポンサーサイト