FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第四回 北九州スポーツ整形外科研究会のご案内が届きましたので、ご紹介させていただきます。


第四回 北九州スポーツ整形外科研究会


今年はワールドカップイヤーであることから 主題はサッカーで演題を集め、日本サッカー協会医科委員 委員長でいらっしゃる福林徹先生をお招きしてご講演していただきます。

日 時/2010年4月15日(木) 19:00~20:40

場 所/リーガロイヤルホテル小倉 『エンパイアルーム』(北九州市小倉北区浅野2-14-2  TEL093-531-3390)

共 催/北九州スポーツ整形外科研究会、アステラス製薬株式会社
 
プログラム/

【製品紹介】19:00~
骨粗鬆症治療薬 『ボノテオ錠1mg』アステラス製薬株式会社   

【一般演題】19:10~19:40
<座長> 内田宗志先生(産業医科大学整形外科)  

1.『サッカー選手の第4中足骨基部疲労骨折の治療経験手術例からみた保存療法の注意点』
  武田康志先生(堺整形外科 福岡スポーツクリニック)   

2.『 Jリーグ下部組織のメディカルチェックデータについて 』
  松本英彦先生(大分トリニータチームドクター)   

3.『サッカー選手のfemoroacetabular impingementに対する股関節鏡視下手術』
  内田宗志(産業医科大学整形外科)
                            
【特別講演】19:40~20:40
<座長>武田康志先生(堺整形外科 福岡スポーツクリニック) 

『ワールドカップに向けての選手の医科学ケアー FIFAスポーツ医学委員会の要望と日本国内での対応』
福林 徹先生(早稲田大学スポーツ科学学術院教授、(財)日本サッカー協会スポーツ医学委員会委員長)

参加費/1000円、学生無料

*当日は軽食を用意致しております。
 駐車場はお帰りの際に駐車券をクロークにて用意致しております.

詳しくは、内田先生のブログにて

スポンサーサイト