FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

SHIFT


京都の桜は満開です。

祇園の夜桜は絶景です!!!
吉村先生写真4月


今年も同志社高校のラグビー部を指導しています。

彼らの今年のスローガンは『SHIFT』。

甘えた自分からSHIFTするということです。

本人たちが話し合って決めました。


生きてると必ず行き詰るときがあります。

今までの自分のやり方では目の前の困難な状況を乗り越えることができず、悩み、苦しみ、自信を失います。

自分がいいと思って続けてきた過去の方法を否定されるのは本当につらいですよね・・・。

でも、今の自分があるのも、また困難に出会って変わる機会を与えてもらったのも、すべて過去からの積み上げであるから、べつに今までの自分を否定する必要はないんです。

自分の今までの過程も認めつつ、変わらなければいけない部分も認めて前に進むことが『SHIFT』するということだと思います。


変わる過程というのは苦しいものです。

気がつけば今までと同じことを選択し、行動している・・・。

右か左か、やるかやらないかを選択するときに今までと違う方を選ばなくてはいけないことが多くなります。

ここがしんどい所です。

でも思い切ってやってみると、案外できます。そして違うことを選択できたことに自信が持てます。少し変わった気がします。

要はやり始めで一番がんばらんといけません!


『したい』『やるべきだ』『やった方がいい』とは思っているけど・・・。


『絶対にやらないといけない』と決めた瞬間に根本的な自己変革が始まるのだと思います。


ReCo代表 吉村直心
げんき整骨院


スポンサーサイト