FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

今、第2回順天堂整形外科スポーツフォーラムの模様を原稿にしているところ。

約6時間の発表とディスカッションをメモにとり、それをもとに原稿を書いています。この原稿は、120号の巻頭、メイントピックで紹介の予定。

長いイベントの原稿を書くときは、録音していては間に合いません。もう一度聞きなおす時間はありません。したがって、メモが主体になります。

医学的内容は間違っていてはいけないので、メモも慎重になりますが、いかんせんスピードが要求されます。「トレーナー」はT、「監督」はKなど、自己流の短縮語をたくさんつくり、すごいスピードでメモをとっていきますが、一日あるいは半日でもそれを続けるとかなりくたびれます。

なんて書いてあるのかと思うところもけっこうあって判読に困ることも。しかし、それをもとにどういう原稿にするかは、メモなら紙なので、20ページくらいあっても、構成案を考えるとき非常に便利です。

短い時間のインタビューならほぼ同じように再現できると思いますが、メモしながらのインタビューはまたちょっと別のテクニックが必要になります。

とはいえ、もうあまり時間がないので、原稿に戻ります。(清家輝文)
スポンサーサイト