FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今、第2回順天堂整形外科スポーツフォーラムの模様を原稿にしているところ。

約6時間の発表とディスカッションをメモにとり、それをもとに原稿を書いています。この原稿は、120号の巻頭、メイントピックで紹介の予定。

長いイベントの原稿を書くときは、録音していては間に合いません。もう一度聞きなおす時間はありません。したがって、メモが主体になります。

医学的内容は間違っていてはいけないので、メモも慎重になりますが、いかんせんスピードが要求されます。「トレーナー」はT、「監督」はKなど、自己流の短縮語をたくさんつくり、すごいスピードでメモをとっていきますが、一日あるいは半日でもそれを続けるとかなりくたびれます。

なんて書いてあるのかと思うところもけっこうあって判読に困ることも。しかし、それをもとにどういう原稿にするかは、メモなら紙なので、20ページくらいあっても、構成案を考えるとき非常に便利です。

短い時間のインタビューならほぼ同じように再現できると思いますが、メモしながらのインタビューはまたちょっと別のテクニックが必要になります。

とはいえ、もうあまり時間がないので、原稿に戻ります。(清家輝文)
スポンサーサイト