FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

現在120号の特集でテンテコマイ。テーマは「筋膜」です。fasciaと言ったほうがよいかもしれません。

fasciaは通常「筋膜」と訳されますが、myofasciaは「筋筋膜」となり、「?」という感じになります。

まあ、膜組織全般という理解でよいようですが、このfasicaに対する関心が国際的に高まっています。そこで、筋膜リリースやロルフィングとともに、fasciaについて考えてみようというのがこの特集の主旨です。

今ぎりぎり状態で、なんとか4つの特集原稿をまとめ、取材させていただいた先生に確認中です。16日入稿なので、ほんとうにギリギリ。なんとかなりますでしょうか。

今回筋膜について取材し、文献も読み、いろいろ考えましたが、今回だけではすまない内容で、改めてさらに突っ込んでいきたいテーマだと思いました。

その「第1回」というわけでもないのですが、120号、お楽しみに。(清家輝文)
スポンサーサイト



ウエルネスマネージメント研修会のお知らせが届きましたので、ご紹介します。

ウエルネスマネージメント研修会――平成22年度第11回研修会

 ウエルネスマネージメントとは、「地域・職域の実情や特性を考慮し、それにあった健康増進事業を企画、具体化し円滑に運営する能力」と私たちは考えます。
 ウエルネスマネージメント研修会は、そのような能力を身につけ、地域や職域での健康増進事業を推進する上でコアとなる「なくてはならない人材」の養成を目指しております。
 自治体や企業・健康保険組合などで実施する健康増進事業、介護予防事業の中で、科学的根拠に基づく事業の1)企画、2)評価、3)運動指導の実践に役立つ知識やノウハウを提供いたします。
 また、希望者には、ウエルネスマネージャー資格認定試験に合格することにより、資格を付与します。研修会は2期に分けて開催します。

日程/第1期:7月2日(金)~7月7日(水)〔5泊6日〕
    第2期:8月27日(金)~8月30日(月)〔3泊4日〕〔全10日間40時間〕

会場/つくば市内

主な参加者/
・自治体において健康増進事業・介護予防事業に従事されている専門職ならび行政職の方
・介護関連事業者・健康保険組合・スポーツクラブ等で健康増進事業および介護予防事業に従事されている方
・企業において健康増進に関する業務に従事されている方(製品開発・マーケティング等)
・そのほか、地域健康増進事業に興味をお持ちの方

受講料/300,000円(税込、テキスト代込み、宿泊費は別途) ※1期・2期を通じて

■ウエルネスマネージャー資格の取得について
 本研修会の全講座を修了された方は、ウエルネスマネージャー資格の認定試験を受験することができます。認定試験は、レポート・実技試験・筆記試験を行い、合格者にはウエルネスマネージャー資格を付与します。
 有資格者には、随時、健康増進・介護予防に関する最新情報をメールマガジンや講習会等により提供しています。

資格取得に要する費用/受験料:5,000円 認定登録料:15,000円 ※初年度登録料5,000円を含む

申し込み方法/ホームページから参加申込書をダウンロードし、E-mailもしくはFAXにてお申し込みください。
FAX:029-849-5803
E-mail:info@twr.jp

問い合わせ/株式会社つくばウエルネスリサーチ
〒305-0005茨城県つくば市天久保3-9-1丸善筑波ビル3階
TEL:029-849-5800
FAX:029-849-5803
E-mail:info@twr.jp