FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

120号は来週月曜発売です。特集は以下のようになります。

特集「Fascia:筋膜-全体をつなぐ『第2の骨格』-」
1 筋膜と筋膜リリース 竹井 仁・首都大学東京
2 私の筋膜へのアプローチ 吉村直心・やまぎわ整形外科、ReCo代表
3 能とロルフィング 安田 登・下掛宝生流ワキ方、公認ロルファー
4 細胞の視点からfasciaを捉える 跡見順子・東京大学名誉教授

fasciaとmyofasciaと両方あり、fasciaを筋膜とすると、myofasciaは筋筋膜と訳されています。でも、ちょっと考えると「へん」ですね。しかし、「へん」でもないことがだんだんわかります。でも、やっぱりもう少し工夫が必要かもしれません。

筋膜そのものへの理解と、そこへのアプローチ、またThe 2nd International Fascia Research Congress(2009年、アムステルダム)の内容も含め、4氏の視点からfasciaについて語っていただきます。面白いですよ。ご期待下さい。(清家輝文
スポンサーサイト