FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


120号は来週月曜発売です。特集は以下のようになります。

特集「Fascia:筋膜-全体をつなぐ『第2の骨格』-」
1 筋膜と筋膜リリース 竹井 仁・首都大学東京
2 私の筋膜へのアプローチ 吉村直心・やまぎわ整形外科、ReCo代表
3 能とロルフィング 安田 登・下掛宝生流ワキ方、公認ロルファー
4 細胞の視点からfasciaを捉える 跡見順子・東京大学名誉教授

fasciaとmyofasciaと両方あり、fasciaを筋膜とすると、myofasciaは筋筋膜と訳されています。でも、ちょっと考えると「へん」ですね。しかし、「へん」でもないことがだんだんわかります。でも、やっぱりもう少し工夫が必要かもしれません。

筋膜そのものへの理解と、そこへのアプローチ、またThe 2nd International Fascia Research Congress(2009年、アムステルダム)の内容も含め、4氏の視点からfasciaについて語っていただきます。面白いですよ。ご期待下さい。(清家輝文
スポンサーサイト