FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

日本舞踊の西川流三世家元西川右近さんが創案したNOSS(ノス)については本誌で紹介したが、その本『7分のおどりで筋力強化』(西川右近・西川千雅著、日本経済新聞出版社)が刊行され、西川千雅さんから送っていただいた。DVDつきなので、自宅でもできそうだが、やはりちゃんと習ったほうがよさそう。

正座や正座から立つ動作、あるいはそこから歩く動作、また座る動作など、昔の人はちゃんとこなしていたが、今はそういう環境自体が少なく、お葬式でも正座しないですむようになっていることが増えてきた。しかし、ちゃんと身のこなしができている人は、それこそ箸をもつだけでもきれいな所作でできる。身についたものはまず忘れることがない。

戦後、日本は多くのものを失い、また多くのものを新たに獲得しながらきたわけだが、「本来はどうなのか」というところに立ち返るときがあってよい。興味のある人は上記の本を手にとっていただきたい。なお、おどりの「運動」部分の解説は、本誌でも連載していただいた尾陰由美子さん(NOSSインストラクター、健康運動指導士)が担当している。(清家輝文
スポンサーサイト