FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

再び巡ってきた美しい鯛の季節。サイモン&ガーファンクルの「スカバローフェア」で囁かれるような“Parsley, sage, rose mary and thyme……”を聞きながら、ハーブと鯛の世界へどうぞ。


スカボローフェア(文・料理/大仁浩子・もも家店主、イラスト/横江節子・神戸市垂水区在住)

b_02 -1
 ルイにとって人生最大の目的は結婚。しかも身を焦がすような大恋愛の後に。だから、高校生の時に見た映画「卒業」には感激して胸が震えた。エンドロールでサイモン&ガーファンクルの歌う「スカボロフェアー」が流れてきた時は涙でスクリーンがかすんでいた。

Are you going to Scarborough Fair?
 (スカボロフェアーにいくのですか?)
Parsley, sage, rose mary and thyme……。
(パセリ、セージ、ローズマリー、タイム)
Remember me to one who lives there.
(そこに住む、その人に伝えて下さい)
For once she was a true love of mine.
(かつて、その彼女は私が真実の愛を捧げた恋人)

 ルイの女の子ばかりの学院生活は弾けるように楽しかった。1つの嫌いなことを除けば。

 それは、英語しか話さないシスターの英語の授業。苦手だった。だからこのスカボローフェアーの歌詞は想像力でカバーして勝手に解釈した。つまり、スカボローという市場には、パセリ、セージ、ローズマリー、タイムが他の野菜と売られていて、恋人も住んでいて、と、まぁ、買い物メモ的な感じで。それでもこの切ないメロディーとラストシーンはルイの心を虜にし、繰り返し思い出して胸に刻んだ。なのに、ルイは短大を卒業すると、銀行家の父が見込んだ部下の青年とあっさり婚約した。両家の条件が見事に揃った結婚といわれた。

 それでも「卒業」のシーンが忘れられないルイは式当日になってさえ、心の恋人が「ルーイー」と叫んで現れる夢をみた。そう、あの映画のラストで主人公ベンが「エレーン」と叫んでウェディングドレスの花嫁を教会から連れ出したように。

 もっとも、そんなことは起こらず、おごそかに無事に式は終わった。ハネムーンはロンドン。2時間あまり列車に乗ってヨークシャー州のスカボローにも行った。

 そこはルイの心の中にある思い出の地。海沿いのその町は、昔、交易で栄えたという。広場は人と品物であふれ、大道芸人や吟遊詩人もやってきて賑わったと。そしてあの「スカボローフェアー」の曲は吟遊詩人が歌った伝承歌だった。

 その歌詞は、3人の登場人物の問答で成り立っていた。男と旅人と彼女と。
 
 ある男が旅人を呼び止めていう。「スカボローフェアーに行くのですか?」。旅人は「パセリ、セージ、ローズマリー、タイム」と答える。続けて男が「その町に住む彼女に伝えてくれ。針も使わず縫い目もないケンブリックのシャツを縫ってくれと。そしてそれを、涸れた井戸の水で洗ってくれと。そうすれば彼女は私の真実の恋人になる、と」。旅人は返事の代わりに「パセリ、セージ……」と呪文のように答える。男は次々と難問を作り、それを彼女に伝えてくれと旅人に頼むセリフが続く。旅人はただ、答える。「パセリ、セージ、ローズマリー、タイム」。

 吟遊詩人が町から町へと伝え広めたというこの曲は不思議で謎めいた歌詞がついていた。難問が解けないかぎり、彼女は恋人にはならない。しかも、その難問は永遠に解けない不可能なものばかり。

「あのう、だったらこの恋は実らない、という歌かしら」とルイは傍らの夫にたずねた。

「つまり、あまり難しい条件の人と結婚しないほうがいいってことじゃないの」と夫は答えた。現実の結婚観について必要にして十分な答えだと、ルイは思った。

「それより、日が沈まないうちにスカボロー城を見て、ホテルに戻らないと、明日の出発に間に合わない」と夫は続けた。丘の上に古城はあった。朽ち果てて外壁の石組みだけが残っていた。海からの強風が崖を這い登り、低い草をなぎ倒していた。石の大きさに城の栄華が想像できたが、今はその間を風が渦巻いていた。

 坂を下り街角で地図を広げていると、老人が声をかけてきた。

“Are you going to the Scarborough castle?”

 老人はScarboroughをスカボローでなく「スカーブラ」と発音した。その老人のヨーク地方の訛りを聞いてルイはスカボローに立っていることを実感した。二人で歩む人生のあらたな旅が始まったばかり、ということも。

*神戸布引ハーブ園
ハーブ(Herb)はラテン語でヘルバ(Herba)。緑の草、という意味です。西洋では古来より肉の防腐剤、ケガ、体調不良の薬として使われました。現在でも料理、香料、染料、薬として生活に利用しています。布引ハーブ園は今、ローズマリーの花盛り。この香りは集中力と記憶力を高めるとも。

アクセス:JR、新幹線「新神戸」駅すぐ隣の新神戸ロープウェイに乗り、約15分で園に。

住所 神戸市中央区北野町1丁目1-4-3
TEL:078-271-1160


「もも家」のフードレシピ
鯛のハーブソテー
イラスト04
 風薫る五月。野も山も新緑の季節になりました。庭の片隅のハーブも新芽の季節。特にローズマリーは小さな青い花を咲かせます。その花の愛らしさから、ご近所では料理のハーブというよりも、“お花”として植えられています。五月のレシピは、そのローズマリーとセージの香りで鯛をソテーしました。

 そして、グリーンピースというその名も緑の五月にぴったりのエンドウ豆のスープ。どうぞ、爽やかな五月のテーブルの一皿となりますように。

■鯛のハーブソテー
ハーブの香りを鯛に移して焼くだけのシンプルな料理。ハーブはお手持ちのものをお使い下さい。

 材料(2~3人前)
鯛(片身)200~300g
ハーブ:ローズマリー、セージ、タイム(乾燥したもの)
ニンニク 2片
小麦粉、オリーブオイル
塩・こしょう

jumee☆cooking1Ljumee☆cooking1R  作り方
イラスト01①鯛はウロコが固くて大きいので、魚屋さんにお願いして切り身にしていただくとよいでしょう。食べやすく切り身にしてお皿に並べ、両面に軽く塩・こしょうし、セージ(3枝分)、ローズマリー(3枝分)、タイム(小1)をのせ、オリーブオイル(大1)を振りかけ、30分そのままにしてマリネします。

②①の鯛の両面に薄く小麦粉をまぶします。余分の粉は落としておきます。

③フライパンにニンニク、ローズマリーを入れ、サラダ油(大2)を入れてから、火をつけます。弱火でゆっくり、油に香りを移します。十分に香りが出たら、ニンニク、ローズマリーを取り出し、②の鯛を皮目から焼きます。身が反るので、箸でおさえて、こんがり焼きます。

■ポテトサラダ
 五月はまた、新じゃがの季節。じゃが芋だけのポテトサラダを作り、付け合わせにしました。

 材料
じゃが芋 中4コ 約400g
マヨネーズ 大2
練辛子、塩・こしょう
パセリ 少々

jumee☆cooking1Ljumee☆cooking1R  作り方
イラスト02①じゃが芋の皮をむき、4等分する。

②お鍋に入れて、柔らかくなるまで茹で、ザルで湯切りし、鍋に戻して強火にかけ、水気を飛ばして、粉ふき芋にする。

③ボールにとり、熱いうちに塩・こしょう。お芋のつぶし加減はお好みで。マヨネーズ(大2)。練り辛子(小1)を入れます。

④パセリ(1枚)は葉の部分をはずし、みじん切りにして、水にさらし、キッチンペーパーで水気を絞って③に少しだけちらします。

⑤お皿に鯛をのせ、ソテーのときに取り出しておいたローズマリーの枝を飾り、ポテトサラダを付け合わせます。そのまわりに、オリーブオイル(小1)、濃口醤油(小1/2)をまわしかけます。

■グリーンピースのスープ
 五月のグリーンピース。莢からのぞく、緑の豆の可愛さと美しさは格別です。お豆を沢山入れて、スープというより、おかずのような一品にしました。

 材料
グリーンピース 莢つきで350 ~450g
玉ネギ 1コ
人参 中1本
ベーコン 70g
チキンスープ キューブ状のもの1コ
塩・こしょう 少々
小麦粉 大1
薄口醤油 小1
オイスターソース 小1/2

jumee☆cooking1Ljumee☆cooking1R 作り方
イラスト03①豆を莢からはずし、塩(大1)を入れ、豆を両手の中でこすり合わせて、そのまま10分、置きます。

②ベーコン、人参、玉ネギはすべて7mm角に切りそろえておきます。

③鍋にサラダ油(小1)をいれ、②の材料を入れ、中火でゆっくりと材料がしんなりするまで炒め、軽く塩・こしょうする。小麦粉(大1)を振り入れ、少し炒めてから、水4カップとチキンスープの素(1コ)を入れ、煮立つまで強火にしてアクをとる。

④①の豆をザルにとり、水で洗ってから③に入れ、弱火で静かに煮る。薄口醤油、オイスターソースで味を整える。ベーコンの塩気があるので、塩は控え目にお使い下さい。

※もしスープがあまったら、翌日はパスタを入れて、スープパスタに。休日のブランチにおすすめしたい一皿です。

編集部より:大仁さんのフードレシピについては、このサイトで多数見ることができます。また、この記事の著作権は大仁浩子さんに帰属し、イラストの著作権は横江節子さんに帰属します。著作権の侵害にご注意ください。

〔もも家〕
TEL:078-391-2466
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-7-20 前川ビル2F
(三宮駅の北、徒歩5分)

スポンサーサイト



下記、案内をいただきました。弊誌でも登場していただいた先生がいらっしゃいます。

■第3回スポーツリハビリテーションワークショップ
日時: 平成22年6月26日(土)16:00~21:00
場所: 東京医科歯科大学5号館4F講堂

テーマ:「膝スポーツ外傷・障害」
16:30~18:00
座長  東京医科歯科大学大学院運動器外科学分野 宗田 大 先生  
講師  中部学院大学リハビリテーション学部   林 典雄 先生
18:10~19:10
座長  東京医科歯科大学大学院軟骨再生学分野  関矢一郎 先生
講師  慶応義塾大学病院スポーツ医学総合センター 松本秀男 先生
19:20~20:50
座長 日本大学整形外科             洞口 敬 先生
講師 文京学院大学保健医療技術学部       福井 勉 先生

定員 200名 
参加費 3,000円

詳細は東京スポーツ整形外科研修会のホームページから。