FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


有名スポーツ選手に対して政党がわが党から立候補をと要請があり、何人かの選手・元選手が了承したと報じられている。それに対して、いろいろと世間も騒がしいようだ。

もちろん、スポーツ選手・元選手が政治家を志してよいに決まっている。そのことはよいのだが、なぜあの人がと思うことはある。しかし、それも本人次第であって、単に知名度や人気を評価されただけのことであれば、当選してもあとが難しいだろうし、たとえば政治家になることはある段階で決意していて、そのチャンスがきたというのであれば、周囲がどうこういうことではないだろう。

ただ、政治家は激務であるし、多方面の能力が必要になる。「立派な政治家」が少ないように思える現在、アスリートから立派な政治家が生まれることは大歓迎。スポーツのなんたるかをよく知り、それがこの国の今後に役立つと信じる人であれば、大いに期待したいものだ。

そもそも、そういう議論をスポーツの側から持ち出すということはできないのだろうか。(清家輝文)
スポンサーサイト