FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

伊藤超短波(株)より、シンポジウムのご案内が届きましたので、ご紹介します。


『トップアスリート』怪我からの復活
~最新早期回復術を抉る(えぐる)~

開催日/平成22年6月13日(日)

時間/午前9時~午後5時10分 *受付午前8時より

会場/群馬県太田市 太田市立商業高等学校(東武伊勢崎線 細谷駅より徒歩10分)

内容/今回のシンポジウムのテーマは『トップアスリート』怪我からの復活~最新早期回復術を抉る~となっています。各分野の専門(治療/筋生理学/バイオメカニクス/ストレス/心理学/栄養学)の講師陣が亘っての講演となっております。

今回の講師の一人でもあります、「アレクサンダー エヴァンジェリスタ・ロベルト氏」は鹿島アントラーズのスタッフ(PT)でもあり、Jリーグ3連覇を影から支えた1人ともいえます。

万が一怪我があっても短期間で競技復帰させることができるからこそ
一年通してチーム全体が最高のパフォーマンスを発揮し続けることができるのだろう。


一人の選手が一日でも早く復活までたどり着くまでには、治療技術/筋生理学/バイオメカニクス/ストレス/心理学/栄養学、どれ一つが欠けてもトップアスリートの早期復活は望めない。

いつもTV、雑誌などでスポーツ選手が怪我をして戦線離脱といった記事を良く目にするが、選手はあっ、という間に怪我から復活して戻ってくる。
あまりにも早い復活に周囲が驚かされることが多々ある。
10年、20年前のその感覚からすると明らかだ・・。
また、選手寿命も明らかに延びているのも云うまでもない。
劇的な治療技術進化と/筋生理学/バイオメカニクス/ストレス/心理学/栄養学すべてそろって一流。

今回のシンポジウムは日本を代表すべく各専門分野の講師陣にその基礎とノウハウを公開いただきます。

講師
アレクサンダーエヴァンジェリスタ・ロベルト(鹿島アントラーズフィジオセラピスト)
琉子友男(大東文化大学大学院・教授)
川本竜史(大東文化大学大学院・准教授)
田中博史(大東文化大学大学院・准教授)
高橋進(大東文化大学大学院・教授)
杉浦克己(立教大学・教授)
王子田直樹(伊藤超短波㈱)

受講料/一般10,000円、学生8,000円
※現地で集金します

定員/270名(要予約)

問い合わせ/伊藤超短波㈱
担当:大沢
TEL:03-3812-1217
FAX:03-3814-4587
E-mail:m-tokyo@itolator.co.jp

スポンサーサイト