FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

本来は、本日入稿だったのだが、最終確認がとれないままなので、明日に延ばした。1日遅れだが、あとで取り返そう。

今回は頚椎の障害に対する手術療法がテーマ。「首にメスを入れると競技復帰できない」と言われているが、実際には、そうではなく、復帰例も多い。しかもラグビーのトップリーグでの話である。

しかし、もちろん手術に至らないようにするに越したことはない。いかにメディカルチェックや現場での指導、スキルや体力の確保が大事であるかがわかる。

スポーツのレベルはまだまだ高まっていくだろうが、同じくらいケガの予防対策は質の向上が求められていく。両方が揃わないと、スポーツはうまくいかなくなる。

ラグビーは2016年のオリンピックで男女とも7人制だが参加することになっている。メディカルサポートも万全であってこそ、選手は活躍できる。

メディカルサポートチームは今後さらに重要視されるようになっていくだろうと思う。(清家輝文)
スポンサーサイト