FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

本日お昼に121号を入稿しました。ほっとしています。

現在の進行では、5月26日発売。はっきりしたら、またこのブログでお知らせします。

今回は「頚椎のケガ」と題し、坂根正孝先生と、同先生がチームドクターをされているNECグリーンロケッツの須藤隆之トレーナー、元日本代表選手で現在はコーチの網野正大さんにインタビューしました。

ラグビーでは首をいためている選手(とくにフォワード)がけっこういるのではないかという話。選手の間では、そんなもんだというくらい当たり前のようですが、首は大事なところ。予防も含め、異常を感じたらどうするべきか、また手術をするとなるとどういう手術なのか、リハビリテーションやリコンディショニングはどうするか、など現場に即して詳細に紹介していきます。

坂根先生はこの頚椎の手術をてがけられ、元気に競技復帰している選手も少なくありません。

なによりも、首のケガはことラグビーに限ったものではありません。スポーツに関わる人は、ぜひ今回の特集を読んでおいていただきたいものです。よろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト