FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

本日お昼に121号を入稿しました。ほっとしています。

現在の進行では、5月26日発売。はっきりしたら、またこのブログでお知らせします。

今回は「頚椎のケガ」と題し、坂根正孝先生と、同先生がチームドクターをされているNECグリーンロケッツの須藤隆之トレーナー、元日本代表選手で現在はコーチの網野正大さんにインタビューしました。

ラグビーでは首をいためている選手(とくにフォワード)がけっこういるのではないかという話。選手の間では、そんなもんだというくらい当たり前のようですが、首は大事なところ。予防も含め、異常を感じたらどうするべきか、また手術をするとなるとどういう手術なのか、リハビリテーションやリコンディショニングはどうするか、など現場に即して詳細に紹介していきます。

坂根先生はこの頚椎の手術をてがけられ、元気に競技復帰している選手も少なくありません。

なによりも、首のケガはことラグビーに限ったものではありません。スポーツに関わる人は、ぜひ今回の特集を読んでおいていただきたいものです。よろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト