FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

120号で「筋膜」を特集しましたが、読者プレゼントの応募が多く、そこに書かれている文面を読んでいても、「筋膜」への関心の高さがよくわかります。

「ぜひ、連載で!」という声も多く、企画してみることにしました。いつ実現するかわかりませんが、はっきりした段階で、またお知らせします。(清家輝文)

スポンサーサイト



コアパフォーマンス・トレーニング 集中セミナーが開催されます。


「コアパフォーマンス・トレーニング」集中セミナーパートⅠ
~ニュートラル&アクティベーション・ムーブメントプレパレーション~


コアパフォーマンスの基本である「ピラー」という概念を「動きの原動力」として様々なエクササイズを通して意識して行えることを目指す集中セミナー。

パートⅠでは構造上のクセを修正し、人間本来のスムーズな動きを引き出すための理想的な状態を作り出す、ニュートラル&アクティベーションと、筋の収縮を促しながら可動域を獲得し、カラダに動くための準備をさせるムーブメントプレパレーションについて実技を交えながら理解していきます。

日時:2010年6月20日(日)、13時~17時00分

場所:ADSSスタジオ(東京都品川区)

講師:田口昌宏(スポーツプログラムス・パフォーマンスコーチ)

受講料:15,750円(イントロダクションセミナー参加者12,600円)

定員:10名

お申し込み&お問い合わせ:株式会社スポーツプログラムス
h.koike@sports-pro.jp
(担当:小池)
今月27~30日、東京国際フォーラム・よみうりホールにて、日本整形外科学会学術集会が開催されますが、その会期中、下記イベントも開催されます。入場無料、予約不要です。案内は、(財)日本股関節研究振興財団からいただきました。

「運動器の10」年世界運動記念イベント「いつまでも元気で歩くために」
主催:「運動器の10年」日本委員会、社団法人日本整形外科学会
日時:2010年5月30日(日)

ステージ実演(ロコモン体操ほか)
11:00-11:30
13:00-13:30
15:00-15:30

ブース(股関節関係パネル、DVDの上演)
11:00-16:00