FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

本日iPad発売ということで、かなり大きく報道されていますね。iPad以外にもいろいろ端末機が出てくるのは確実のようです。

本も雑誌もみなこういう端末機で見ることができれば、それはそれで画期的。持ち歩くのも容易だし、たくさんの文献も手元にあると言うことも可能になります。

まだ電子化されて読める本・雑誌には限りがありますが、おおむねこの方向に進むだろうというふうに思われています。出版界は大騒ぎと言ったところでしょうか。

やっぱり紙のほうがいいよと言っている人もたくさんいますが、iPadやKindleを手にすると、「もうこれでいいんじゃないか」と思う人も少なくないようです。

われわれは、結局は読者の便宜が優先で、それを抜きにして、「紙がいい」とか「電子にしよう」と簡単には決められません。

実際には、われわれのやることはそう変らないはずです。アウトプットの仕方は異なっても、企画・取材・編集という作業自体は同じ。少し考え方は変るかもしれませんが、大きく変ることはないでしょう。

その意味では慌てることもなく、何を見て、どうするかという基本的なところがなおさら問われるのだと思っています。(清家輝文)
スポンサーサイト