FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

121号で登場していただいた坂根先生の講演もある下記、セミナーの案内をいただきました。121号の特集とも関係ありそうです。また、運動器の超音波診断、何度か記事を掲載させていただいた柳下先生の高気圧酸素治療の話もあります。ぜひ、ご参加を!

■筑波スポーツ医学セミナー 2010
期日:2010年7月24日 14時~(19時から情報交換会)
場所:つくば国際会議場 101号室
参加費:学生無料、一般も同様
*医師で資格継続の単位獲得希望するのみ1単位あたり1000円となります。

 
【研修講演】
1.スポーツ現場における運動器超音波診断(14:05-14:25)
  気仙沼市立病院 整形外科 部長 高橋 周先生
  司会/石井朝夫先生・筑波大学大学院人間総合科学研究科 臨床医学系整形外科 准教授

2.高気圧酸素治療の原理と、スポーツ外傷における早期競技復帰のための適応(16:35-17:35)
  東京医科歯科大学附属病院 高気圧治療部 講師 柳下 和慶 先生
  司会/宮川俊平先生・筑波大学大学院人間総合科学研究科 スポーツ医学 教授


3.選手・指導者からみた望まれるスポーツドクター(17:45-18:45)
  早稲田大学ラグビー蹴球部監督 辻高志先生
  筑波大学 整形外科 准教授 坂根 正孝 先生
  司会/落合直之先生・筑波大学大学院人間総合科学研究科 臨床医学系整形外科 教授

【パネルディスカッション】15:35-16:35
「筑波大学でのスポーツドクター活動」
陸上   田中健太先生・筑波西南医療センター病院 整形外科
ラグビー 天野国明先生・筑波大学大学院人間総合科学研究科 臨床医学系整形外科
サッカー 吉岡友和先生・茨城西南医療センター病院 整形外科
   司会/金森障浩先生・筑波大学大学院人間総合科学研究科 臨床医学系整形外科 講師


詳細は: 
筑波大学整形外科ホームページ
筑波大学整形外科e-mail seikei@md.tsukuba.ac.jp
を参照ください。


スポンサーサイト