FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、動作分析をテーマに、藤沢湘南台病院の福田潤先生(整形外科)に取材。

一度、先生のご講演を聞いたことがあり、そのことがずっと頭にあった。その話を中心に1時間ほど語っていただいた。

前十字靱帯はどの瞬間に切れているか。同じビデオを見ていても、「ここだ!」というポイントが違う。なぜそうなるのか。実際にはどうなのか。

詳細は次号特集をご覧いただきたいが、理論的にも、また実際においても、福田先生の説はうなずくべきことが多い。

ある動作をみて、人によって見解が異なるのは、みているところが違うからというしかないが、もちろん、この場合、真実はひとつ。

外傷予防が大きなテーマになっているが、受傷メカニズムがはっきりしないと当然予防はむずかしい。

そのほかにも動作分析について取材の予定。まだどういうタイトルにするかは不明。いくつか候補を出しているのだが、まだ決まらない。(清家輝文)
スポンサーサイト