FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

下記セミナーの案内が届きましたので、掲載します。

■FC東京バレーボールチーム公開テーピングセミナー

第1部ではニチバン株式会社の伊藤誠司氏による「テーピングの性能について」の講義があり、第2部ではFC東京バレーボールチームのアスレティックトレーナーである宮本大輔氏による「テーピングの基礎と応用」を実技形式で行っていく。すぐにでも現場で使えるテーピングの知識、技術を身につけることができる。

●日時
平成22年7月3日(土) 10:30受付開始 11:00セミナー開始 14:30終了 14:45チーム練習見学(希望者)

●会場
東京ガス深川グラウンド内 TG体育館(半蔵門線/都営地下鉄新宿線 住吉駅 徒歩5分)

●講師
第1部 テーピングの性能について 伊藤 誠司 氏(ニチバン株式会社)
第2部 テーピング基礎と応用   宮本 大輔 氏(FC東京バレーボールチーム アスレティックトレーナー)

●対象
トレーナーやスポーツ指導者を真剣に目指す学生

●参加費(昼食は各自でご持参ください)
大学生/専門学生 ¥2.500(使用するテキスト・テーピング代を含む)

●定員
40名

●申込締切
平成22年6月27日(日)

●問い合わせ
国際スポーツ医科学研究所 テーピングセミナー事務局 担当者:野いづみ
TEL:0470-73-1576



スポンサーサイト



明日は、某小学校でDVDの撮影。小学校での撮影は初めてというか、取材も含め小学校でというのは初めて。

その後、運動分析というテーマで以前にも紹介した小島正義先生に取材。『誰でもわかる動作分析』のパート2が出たので、その内容も含め、さらに突っ込んだ動作のみかたについて聞いてきます。

昨日ははたまた別の本の企画でミーティング。なかなか進捗しないのだが、なぜ進捗しないのかを考え、対策を立てていた。そして夜、ふとまったく異なる方法を思いついた。その方針なら可能になるだろう。

ということで、また企画書の書き直し、及び新たな交渉が出てくる。ちょっと時間が足りないかな。

そういう月曜日なのだが、ある件でのパブリックコメントを送ってほしいというメールが来て、かなりの文書に目を通し、1000字程度で意見をまとめ送信した。何かの役に立てばよいのだが。(清家輝文)