FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

平成22年度第3回介護予防運動トレーナー養成講習会のご案内が届きましたので、ご紹介します。

平成22年度第3回介護予防運動トレーナー養成講習会(広島会場)

日程/平成22年8月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)

会場/広島YMCA専門学校(広島県広島市中区八丁堀7-11)

内容/介護予防の基本的知識や実践を身に付けた指導者を育成し、生きがいや健康づくり活動及び、寝たきり予防のための知識の普及啓発により、高齢者ができる限り、要介護状態になることなく健康で生き生きとした老後生活を送れるよう支援する資格です。

講師/六田修先生(健康運動指導士,ACSM/HFS,パワーリハビリテーション指導員,介護福祉士)

受講料/通常コース:一般65,000円、会員55,000円、特例コース:一般50,000円、会員45,000円 

その他/健康運動指導士および健康運動実践指導者の資格更新に必要な履修単位として17単位(講義9単位・実習8単位)が認定されます。
 NSCA-CPTおよびCSCSの資格保持に必要な継続教育単位(CEU)として1.7CEU(カテゴリーD)が付加されます。

問い合わせ/(社)メディカル・フィットネス協会 事務局 
TEL:06-6101-2322
FAX:06-6101-0665
E-MAIL:mfa@mfa.or.jp 
スポンサーサイト



ユニバの監督も務められた澁谷隆良先生によるテニスの指導書『指導者のためのテニスの科学と応用』という本を編集しています。もう最終段階で、7月上旬には刊行予定です。

昨日、澁谷先生が来社され、細かいところをつめました。指導者であり、かつテニスの科学という分野に取り組んでおられ、長身でさすがに日焼けされていました。

科学的なことをきちんと押さえているかどうかは、指導の局面でいろいろ影響を与えます。またその応用は指導者の手腕が発揮されるところでしょうね。

詳細はまた追って連絡します。お楽しみに!(清家輝文)