FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

運動器エコーセラピストセミナーの案内が届きましたので、ご紹介します。


スポーツ傷害を的確に判断する!――ベーシック編
運動器エコーセラピストセミナー

日程/7月25日(日)

時間/午前10時~午後4時

会場/コア・いけぶくろ 第6会議室
   (東京都豊島区東池袋1-20-10)

内容/
■運動器構成体の基礎知識
運動器構成体である、骨、軟骨、筋、腱、靭帯、血管、神経のエコーで観察できる特徴的な所
見を得るための基礎を習得します。

■運動器エコーの実践ライブ
肘、手、膝、足関節において、運動器構成体を解剖的見地から読み取れるエコー画像につい
て、ライブを交えて解説します。

■野球肘エコー検診の実践
成長期における投球障害である野球肘を、エコーにより検出精度を高めることを可能とするエ
コー検診の実際と運営について説明いたします。

*講義終了後に受講終了証を発行しお渡しいたします。

お申し込みから受講までの流れ/参加申込書を請求し必要事項をご記入の上、FAXまたは郵送でお申し込みください。参加申込書が当日の参加票になりますので当日ご持参下さい。

セミナー参加費/賛助会員7,000円、非会員12,000円
参加申込金として7,000 円を指定の銀行口座までお振込下さい。

非会員の方は当日5,000円受付にてお支払いください。

当日賛助会員の入会申込受付も承ります。
賛助会員入会金5,000円(学生3,000円)

お申込み後のキャンセルについて/ご都合により参加できなくなった場合は、代理の方が出席いただいても結構です。キャンセルの場合には必ず、メール によるキャンセルのご連絡をおねがいいたします。

取り消し手数料1,050円を差し引き、残金をご返金いたします。

お取消し手続きの期限は開催日の 週間前までとさせていただきます。それ以降のキャンセルはお受けいたしかねますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

申し込み・問い合わせ/
NPO法人日本スポーツメディシン
〒113-0033 東京都文京区本郷2-25-5
TEL.03-3815-1117
FAX.03-3815-1408
E-mail:info@spo-med.jp

   
   



スポンサーサイト



122号の特集は、「動作分析」をキーワードに取材を進めています。

福田潤先生には、ACL損傷の受傷機転をボーンブルーズの位置、実際の受傷シーンビデオの分析などから語っていただきますが、通説とは異なり、たいへん興味深いものです。

小島正義先生には、昨日書いたとおり、誰でもできる動作分析という視点で、どこをどうみるか、どう考えるかをわかりやすく語っていただきます。

明日取材予定の先生は、理学療法士として外傷予防の観点からの動作分析になるかと思います。さらに競技レベル、とくに国際的な現場での動作分析について、その専門家にどんなことをしているのか例を挙げて解説していただく予定です。

時間がないのですが、頑張ります。(清家輝文)