FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

昨日、無事122号を入稿しました。明日念校が出てそれを印刷所に戻したら完全に手が離れます。

122号の特集は以下の内容になります。

特集 動きをつかまえる―ケガとパフォーマンス

1 膝前十字靱帯損傷時、下腿は外旋か内旋か? 
福田 潤先生・藤沢湘南台病院

2 膝前十字靱帯損傷予防プログラムと動作解析
大見頼一先生・日本鋼管病院

3 動作分析を学び、始めるポイント
小島正義先生・千葉・柏リハビリテーション学院

〔スポーツ科学の現場から〕
スピードスケートで行われている動作分析
湯田 淳・日本スケート連盟

今回は新連載もあり、全体的に盛りだくさんです。お楽しみに!(清家輝文)
スポンサーサイト