FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

「コアパフォーマンス・トレーニング」集中セミナーパートⅡのセミナー案内が届きましたので、ご紹介します。


「コアパフォーマンス・トレーニング」集中セミナーパートⅡ
~プリハブ(障害予防)&リジェネレーション(回復を促す)~


コアパフォーマンスの基本である「ピラー」という概念を「動きの原動力」として様々なエクササイズを通して意識して行えることを目指す集中セミナーの第2弾。

このパートでは日常生活やスポーツの動作でストレスを受けやすく、最も障害を起こしやすいカラダの部位予めトレーニングをさせるプリハブとトレーニングによってダメージを受けたカラダをより早く、より効率的に回復させていくリジェネレーションについて実技を交えながら理解していきます。

日時/2010年7月25日(日)13時~17時00分

場所/コンディショニングセンター品川(旧ADSSスタジオ)

講師/田口昌宏(スポーツプログラムス・チーフコンディショニングコーチ)

受講料/15,750円(イントロダクションセミナー参加者12,600円)

定員/10名

お申し込み&お問い合わせ/株式会社スポーツプログラムス
E-mail:h.koike@sports-pro.jp
(担当:小池)
スポンサーサイト