FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

「コアパフォーマンス・トレーニング」集中セミナーパートⅡのセミナー案内が届きましたので、ご紹介します。


「コアパフォーマンス・トレーニング」集中セミナーパートⅡ
~プリハブ(障害予防)&リジェネレーション(回復を促す)~


コアパフォーマンスの基本である「ピラー」という概念を「動きの原動力」として様々なエクササイズを通して意識して行えることを目指す集中セミナーの第2弾。

このパートでは日常生活やスポーツの動作でストレスを受けやすく、最も障害を起こしやすいカラダの部位予めトレーニングをさせるプリハブとトレーニングによってダメージを受けたカラダをより早く、より効率的に回復させていくリジェネレーションについて実技を交えながら理解していきます。

日時/2010年7月25日(日)13時~17時00分

場所/コンディショニングセンター品川(旧ADSSスタジオ)

講師/田口昌宏(スポーツプログラムス・チーフコンディショニングコーチ)

受講料/15,750円(イントロダクションセミナー参加者12,600円)

定員/10名

お申し込み&お問い合わせ/株式会社スポーツプログラムス
E-mail:h.koike@sports-pro.jp
(担当:小池)
スポンサーサイト