FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


スポーツ心理学会・スポーツメンタルトレーニング指導士資格認定10周年記念講演・シンポジウムの開催のお知らせが届きましたので、ご紹介します。


スポーツ心理学会・スポーツメンタルトレーニング指導士資格認定
10周年記念講演・シンポジウム

『スポーツメンタルトレーニング指導士の現在と未来』

日程/10月9日(土)、10日(日)

時間/9日:午後12時(受付)~4時50分、懇親会:午後5時30分より
    10日:午前10時~午後4時15分

会場/つくば国際会議場(茨城県つくば市)

内容/
●9日(土)
A.メンタルトレーニング講演・シンポジウム――スポーツメンタルトレーニング指導士の資格

12:00- 受付
13:00-13:10  挨拶:猪俣公宏(中京大学、日本スポーツ心理学会会長)

13:10-14:10 「SMT指導士資格の創設までのプロセスと今後の課題」
       徳永幹雄(福岡医療福祉大学、SMT指導士資格認定委員会初代委員長)

14:20-16:50
 ①「AASPの資格の概要、実践例(ケース)、課題」
   Dr. Glyn Roberts(President, Association of Applied Sport Psychology. Professor of
            Psychology, Norwegian University of Sport Science)
 ② 討議:「メンタルトレーニングの現在とこれから」
       指定討論者:石井源信(東京工業大学、SMT指導士資格認定委員会前委員長)
             土屋裕睦(大阪体育大学、SMT指導士資格認定委員会副委員長)
       司会:関矢寛史(広島大学)、荒木香織(兵庫県立大学)

17:30- :懇親会

●10日(日)
B.ワークショップ(定員各40名、先着順)

10:00-12:00
 ①メンタルトレーニングの導入の仕方・進め方
   講師:高妻容一(東海大学)、
      小松健一(東海大学スポーツ教育センター)
 ②心理アセスメントの利用・展開の仕方-ピークパフォーマンス分析を中心に- 
   講師:中込四郎 (筑波大学)
 ③スポーツメンタルトレーニングにおける生理指標の活用法
   講師:荒木雅信(大阪体育大学)
 ④スポーツメンタルトレーニングにおける自律訓練法の活用法
   講師:立谷泰久(国立スポーツ科学センター)

C.日本SMT指導士会第5回メンタルトレーニングフォーラム―スポーツメンタルトレーニング指導士の活動と課題

13:15-16:15
 ①対談:「トップアスリートの求めるメンタルサポート」
       田中ウルヴェ京(MJコンテス) VS  元エリートアスリート
 ②対談:「17年前のメンタルサポートの意味を今振り返る」
       岡澤祥訓(奈良教育大学)VS岸(旧姓川越)真由(元卓球日本代表選手、世界選手権ダブルス銅メダリスト)
 ③シンポジウム:「アスリートに望まれるメンタルサポート」
       ① と②の演者
       指定討論者:鈴木 壯(岐阜大学、SMT指導士資格認定委員会委員長)
       司会:菅生貴之(大阪体育大学)

問い合わせ/〒501-1193 岐阜市柳戸1-1 岐阜大学 教育学部 鈴木研究室 
日本スポーツ心理学会 資格認定委員会
E-mail: suzumasa@gifu-u.ac.jp
※詳細は学会HP参照
スポンサーサイト