FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

明日は、筑波スポーツ医学セミナーに行って来ます。

田口は、術後リハに入ったようです。大きな手術ですからね。秋ぐらいになると、元気に歩けるのでしょう。

今日も暑かったのですが、明日の筑波も暑いでしょうね。あそこは町のスケールが大きくて、移動手段は車か自転車かバイク。歩いているような人はほとんどいません。筑波の人って運動不足かも。

つくば国際会議場まで行き、高橋周先生や柳下先生、坂根先生など本誌でも登場していただいた先生にお会いできることでしょう。

ということで、編集部は社にいなくなりますので、明日の書き込みはなしということになります。ご了承ください。

昨日は京都で子どもをテーマに会議をしたのですが、この会の成果は一応年度ににひとつ出すことになります。またこの公式ブログで紹介しましょう。

では、来週月曜まで。(清家輝文)
スポンサーサイト



123号は今月27日発売で、同日発送します。詳細は27日に上のページにリンクしますが、その前に特集について紹介しておきます。

特集 最先端ACLリハ―選手が満足する競技復帰への道

1 最先端リハの実際―重要ポイントを整理する

八木茂典 東京医科歯科大学大学院運動器外科学分野 理学療法士
今屋 健 関東労災病院リハビリテーション科 理学療法士
吉田昌平 京都学際研究所附属病院リハビリテーション科 理学療法士

1.膝ACL損傷の疫学(八木)
2.ACLの機能(八木)
3.膝ACL損傷に対する保存療法と手術療法(八木)
4.術前リハビリテーションの重要性(今屋)
5.術式に応じたリハビリテーション(八木)
6.術後早期の正常歩行からジョギングへ(今屋)
7.膝ACL再健術後リハビリテーションにおけるエクササイズ(八木)
8.スポーツ選手の体力を考慮したアスレティックリハビリテーション(吉田)
9.スポーツ選手の動作を考慮したアスレティックリハビリテーション(吉田)

2 ACLリハの最前線を語る 上記3氏による座談会

これで計25ページ、図64点収録です。この特集だけは見逃せません。

特集以外の連載もかなりおもしろいです。お楽しみに!(清家輝文)