FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日、暑かったのですが、つくば国際会議場で開かれた「筑波スポーツ医学セミナー」を取材。

これについては次号で紹介しますが、筑波関連の医師、研修医、医学部の学生を中心に他大学からも参加。講師のひとり東京医科歯科大学の柳下和慶先生が高気圧酸素療法について講演されましたが、最後に2011年1月15日(土)、東京医科歯科大学にて高気圧酸素スポーツ医学研究会が開催されるとのこと。

捻挫その他の外傷からの早期復帰で研究成果もあがり、臨床的印象としてもかなり早く浮腫などが減少、VASでも痛みが減少しているとのこと。

さらに詳細に研究するための会。WADAの禁止表(方法)に掲載されるかもしれないと懸念された高気圧酸素療法も、パフォーマンス向上にはつながらない、また安全な方法であるとのことで、除外されたという話もありました。ドーピングではないので、安心して受けられる治療です。

特集で登場していただいた坂根正孝先生、超音波画像診断について講演された高橋周先生にもお会いできました。
暑かったけれど、会場は寒いくらい。実りある会でした。(清家輝文)
スポンサーサイト